Departmental Bulletin Paper 地域社会におけるU・I ターン者の意識 : 全国調査を用いた計量分析
Attitudes of U・I-Turn People in a Community Quantitative : Analysis Using a National Survey
チイキシャカイ ニ オケル U I ターンシャ ノ イシキ ゼンコクチョウサ ヲ モチイタ ケイリョウブンセキ

狭間, 諒多朗  ,  Hazama, Ryotaro  ,  ハザマ, リョウタロウ

38pp.121 - 138 , 2017-03-31 , 大阪大学大学院人間科学研究科 社会学・人間学・人類学研究室 , SOCIOLOGY, ANTHROPOLOGY, AND PHILOSOPHY Graduate School of Human Sciences OSAKA UNIVERSITY , オオサカ ダイガク ダイガクイン ニンゲン カガク ケンキュウカ シャカイガク ニンゲンガク ジンルイガク ケンキュウシツ
ISSN:02865149
NCID:AN0020011X
Description
社会学 : 論文
地域にある資源や地域住民を中心とした地域活性化が求められている中で、U・I ターン者による地域活性化に期待が寄せられている。U・I ターン者による地域活性化について扱った先行研究では、彼/彼女らの異質性に注目し、U・Iターン者の異質性が地域活性化へ貢献しているということが明らかにされている。しかしながら、先行研究には特定地域の事例研究が多く、U・I ターン者の異質性が全国規模で一般的なものなのかがわからない。また、すでに活躍しているU・I ターン者に注目していることが多く、現時点では活躍していないU・I ターン者を含めた上でもU・I ターン者が異質な存在なのかがわからない。本稿の目的はこの2点を検証することである。本稿では、全国の人口10万人以下の市町村に居住する人々を対象としたアンケート調査を使用し、U・I ターン者の異質性について意識の側面から分析した。分析の結果、非移動者と比較して、①U・I ターン者は幅広い視野を持っている②Uターン者は地域のためを想っている③ I ターン者は地域への愛着が弱く、伝統に囚われない意識を持っていることを明らかにした。ただし、この結果は主に都道府県境界を越えたU・Iターン者においてあてはまることがわかった。これは、より遠距離の移動を行ったU・I ターン者が異質性を活かした地域活性化に寄与しうることを示唆している。
In situations where community activation by residents and resources in communities is required, it is expected that U・I-turn people contribute to community activation. Previous studies about community activation by U・I-turn people pay attention to the heterogeneity of U・I-turn people and reveal that heterogeneity of U・I-turn contributes to community activation. However, many previous studies are case studies that focus on specific communities. Thus, they do not reveal whether heterogeneity of U・I-turn people is common throughout Japan. Also, many previous studies pay attention to U・I-turn people who are active in a community. Therefore, they do not reveal whether the U・ I-turn people who are not active in a community are also heterogeneous. This paper elucidates these two points. This paper used the survey targeting people who live in Japanese municipalities of less than 100,000 people and analyzed the heterogeneity of U・I-turn people in terms of their attitudes. The analysis produced the following results. Compared with no-movers, 1. U・I-turn people have broader views, 2. U-turn people have the interests of the community at heart, 3. I-turn people have weaker attachments to the community and more unconventional. However, these results apply mainly to U・I-turn people who crossed prefectural boundaries. This conclusion suggests that U・I-turn people who moved a longer distance can contribute community activation about acquired locality.
Full-Text

http://ir.library.osaka-u.ac.jp/repo/ouka/all/60467/ahs38_121.pdf

Number of accesses :  

Other information