Departmental Bulletin Paper Karl August Wittfogel’s Proletarian Drama in Japan
ワイマール期プロレタリア演劇の日本受容 : K. A. ウィットフォーゲルの作品を中心に
ワイマールキ プロレタリア エンゲキ ノ ニホン ジュヨウ K. A. ウィットフォーゲル ノ サクヒン ヲ チュウシン ニ

Zhou, Yufei  ,  周, 雨霏

38pp.1 - 16 , 2017-03-31 , 大阪大学大学院人間科学研究科 社会学・人間学・人類学研究室 , SOCIOLOGY, ANTHROPOLOGY, AND PHILOSOPHY Graduate School of Human Sciences OSAKA UNIVERSITY , オオサカ ダイガク ダイガクイン ニンゲン カガク ケンキュウカ シャカイガク ニンゲンガク ジンルイガク ケンキュウシツ
ISSN:02865149
NCID:AN0020011X
Description
人間学・人類学 : 論文
Karl August Wittfogel (1896-1988) is notoriously among Japanese scholars and intellectuals as an anticommunist social scientist and Sinologist who articulated the prevailing backwardness and stagnancy of Asian societies. However, his name’s fi rst appearance in Japanese public life can be traced to his scriptwriting of a puppet play performed in Tokyo in 1926. Wittfogel's early contributions to proletarian dramaturgy and Marxist aesthetics have been largely translated and published in Japan’s leftwing literature magazines and have attracted a great deal of attention among Japan’s contemporary revolutionary literary circles. This article explores the reception of Karl August Wittfogel’s engagement with proletarian literature in Japan in the late 1920s and early 1930s. It analyzes the intentions, the criteria of selection and other objective circumstances of those introducing Wittfogel and refl ections of his Japanese readers. By shedding light on the process of recontextualization of Wittfogel's literary pursuits in Japan, this article fi rst tries to highlight the entanglements between Japan's early leftwing writers and the literary scene in Weimar Germany. Second, based on this case study of reception history, this article considers the general conditions that are indispensable for intellectuals to establish a legacy beyond their own cultural realms.
本稿は日本におけるK. A. ウィットフォーゲル劇作、文芸理論の受容史を取り上げる。二十年代前半、ドイツ共産党機関誌『赤旗』の文芸欄編集担当を務めていたウィットフォーゲルは一連の演劇作品を発表し、マルクス主義的美学をめぐる論争にも積極的に関わっていて、ワイマール期における社会主義文学運動の中で重要な担い手となっている。1926年、ウィットフォーゲルの風刺劇「誰が一番馬鹿か?」が東京築地小劇場で上演されたのは、彼の名が初めて日本で脚光を浴びた時である。二十年代半ばから三十年代初頭にかけて、辻恒彦、川口浩などドイツ文学者をはじめとする左翼文筆家や文芸理論家の翻訳・紹介によって、ウィットフォーゲルの劇本作品4点、文学・美学理論作10点が日本で公にされたことからみて、日本の初期プロレタリア文学運動の中で、彼の作品と理論が与えた反響は無視できない存在だったと思われる。本稿において、ウィットフォーゲルの文学作品・文学理論が日本で紹介された経緯について、歴史的に考証する。そして、それらテキストが再文脈化された過程において、新たな言語・社会的コンテクストの変化の中で果たす新たな機能を検証する。このように、日本の左翼文芸運動における国際的要因に光を当てることによって、左翼文学に関する叙述は如何に「一国史」の限界を越えるかについて、新たな可能性を提示していきたい。
Full-Text

http://ir.library.osaka-u.ac.jp/repo/ouka/all/60466/ahs38_001.pdf

Number of accesses :  

Other information