Departmental Bulletin Paper 多次元的連続分類法とプラグマティック・アプローチによって科学を決める方法
The Revised Pragmatic Approach to the Demarcation Problem with Multidimensional Classification
タジゲンテキ レンゾク ブンルイホウ ト プラグマティック アプローチ ニ ヨッテ カガク ヲ キメル ホウホウ

佐々木, 渉  ,  Sasaki, Wataru  ,  ササキ, ワタル

38pp.17 - 34 , 2017-03-31 , 大阪大学大学院人間科学研究科 社会学・人間学・人類学研究室 , SOCIOLOGY, ANTHROPOLOGY, AND PHILOSOPHY Graduate School of Human Sciences OSAKA UNIVERSITY , オオサカ ダイガク ダイガクイン ニンゲン カガク ケンキュウカ シャカイガク ニンゲンガク ジンルイガク ケンキュウシツ
ISSN:02865149
NCID:AN0020011X
Description
人間学・人類学 : 論文
線引き問題は、科学とそれ以外のもの、とりわけ疑似科学とを分けるものは何か、どのような基準で両者を区別することができるかという問題を考える科学哲学上の問題であるが、提案された基準はどれもうまくいかず、かつてほど盛んに研究されなくなってしまった分野である。線引き問題自体についての批判もたくさんあり、Laudan(1983a) の批判は強力なものとして知られている。しかし、近年主に疑似科学の問題に対処すべきという視点から、線引き問題を考え直そうとする動きがあり、古典的なアプローチとは異なる仕方で、いくつかの有力な解決法が提案されてきている。そうした状況を受けて、本論文では、線引き問題を新たな問題として解釈して解決法を提案することにした。まず従来の線引き問題への批判を検討して(2節)、そうした批判では解決できない問題が残っていることを指摘する(3節)。さらに、これまで考えられてこなかった線引き問題を考える目的や方法、前提を再考し、実際的な問題を解決するための線引き基準のする(4節)。さらに疑似科学についてのいくつかの分析を整理し(5節)、実際的な問題において科学を決めるための方法として、Resnik(2000) によるプラグマティック・アプローチという方法を検討する(6節)。さらにこの方法のいくつかの問題点を解消するために、Pigliucci(2013)の多次元分類法を組み合せたアプローチの有効性について議論する。
The demarcation problem is a philosophical problem to fi nd a solution to distinguish science and non-science or pseudo-science, and it has been of keen interest of philosophers of science until the mid-twentieth century. However, since most solutions to this problem have been rejected, philosophers gradually doubted the existence of a sharp boundary between the two, and then some philosophers began to criticize the problem itself. There are many criticisms on this, but especially, the criticism of Laudan (1983a) is known to be a very powerful one. However, recently, from the viewpoint of dealing with the issues of pseudoscience, some philosophers claim to rethink the demarcation problem, and several prospective solutions have been proposed in a different way from the traditional approach. In this situation, I decided to interpret the demarcation problem in a different way and propose a new solution. First, we examined the criticisms of the demarcation problem (section 2), and point out that there remain some problems that cannot be solved by such criticisms (section 3). Furthermore, we reconsider the purposes, methods and premises to consider the demarcation problem in terms of practical concerns (Section 4). Also, we examine several analyses of pseudoscience (Section 5), consider the pragmatic approach proposed by Resnik (2000) and refi ne it with Pigliucci (2013)'s multidimensional continuous classifi cation and confi rm that the revised pragmatic approach is a viable method to evaluate science in terms of practical concerns (section 6).
Full-Text

http://ir.library.osaka-u.ac.jp/repo/ouka/all/60464/ahs38_017.pdf

Number of accesses :  

Other information