Departmental Bulletin Paper Urban Redevelopment in Osaka : The More Gentrified, the Less Crafted?
大阪における都市活性化 : ジェントリフィケーションと職人の関係に注目して
オオサカ ニ オケル トシ カッセイカ ジェントリフィケーション ト ショクニン ノ カンケイ ニ チュウモク シテ

Kirmizi, Meric  ,  クルムズ, メリチ  ,  クルムズ, メリチ

38pp.81 - 99 , 2017-03-31 , 大阪大学大学院人間科学研究科 社会学・人間学・人類学研究室 , SOCIOLOGY, ANTHROPOLOGY, AND PHILOSOPHY Graduate School of Human Sciences OSAKA UNIVERSITY , オオサカ ダイガク ダイガクイン ニンゲン カガク ケンキュウカ シャカイガク ニンゲンガク ジンルイガク ケンキュウシツ
ISSN:02865149
NCID:AN0020011X
Description
社会学 : 論文
The case of the Horie area in Osaka’s Nishi Ward provides an example of how an urban neighbourhood change was carried out through a collaboration of local actors, individual developers, and capital from Tokyo during the post-industrial era. In this paper, I represent how area businesses related to wood have experienced and are interpreting this neighbourhood change. Based on interviews with local shopkeepers and employees, my research shows that the revitalization of the area’s shopping street, Tachibana Street, represents a case of partial commercial gentrification, centred on the voluntary displacement of some of the former furniture shops. Accordingly, there is less craftsmanship in the more homogenized physical environment that has emerged during redevelopment. I argue that craftsmanship rather than consumption could have provided a guiding spirit for the ideal urban and neighbourhood changes as exemplified by some of the remaining long-established businesses in Horie.
本研究は、脱工業化時代に地域の人・デベロッパー・東京からの資本導入により達成した都市活性化の一つの事例として、大阪市西区堀江地区を取り上げる。本稿は、長期居住者に関する研究(Kirmizi 2016)を発展させたものである。地域の木材関連ビジネスは、堀江地区の変化に伴いどのような影響を受け、変化についてどのように捉えているかを明らかにする。地域の小売店店長と従業員への聞き取り調査から、堀江地区の商店街を通る「立花通り」の活性化の様子が、商業的ジェントリフィケーションと似た変容プロセスであることを示す。すなわち、立花通りや堀江地区の活性化により、この地域に昔から存在した家具店は閉店し、自発的立ち退きを余儀なくされた。その結果、職人の町の雰囲気は消え、均質化された雰囲気へと変化した。都市や地域のより良い発展のために必要なものは、商業的発想ではなく、堀江地区に根付く、昔ながらの職人の技能や精神の中に残っていることを論じる。
Full-Text

http://ir.library.osaka-u.ac.jp/repo/ouka/all/60460/ahs38_081.pdf

Number of accesses :  

Other information