Departmental Bulletin Paper 教職志望大学生の教職観・指導観と社会意識 : 4年間のパネル調査による経年分析から
A view on teaching and guidance and the social consciousness of university students aspiring to be schoolteachers : A long-term analysis of a 4-year panel questionnaire survey
キョウショク シボウ ダイガクセイ ノ キョウショクカン シドウカン ト シャカイ イシキ 4ネンカン ノ パネル チョウサ ニ ヨル ケイネン ブンセキ カラ

川村, 光  ,  中村, 瑛仁  ,  紅林, 伸幸  ,  長谷川, 哲也  ,  Kawamura, Akira  ,  Nakamura, Akihito  ,  Hasegawa, Tetsuya  ,  Kurebayashi, Nobuyuki  ,  ナカムラ, アキヒト  ,  カワムラ, アキラ  ,  クレバヤシ, ノブユキ  ,  ハセガワ, テツヤ

22pp.27 - 41 , 2017-03-31 , 大阪大学大学院人間科学研究科教育学系 , Department of Education Graduate School of Human Sciences, Osaka University , オオサカ ダイガク ダイガクイン ニンゲン カガク ケンキュウカ キョウイクガクケイ
ISSN:13419595
NCID:AN1055404X
Description
In this study, we studied changes in students’ consciousness and behavior over 4 years, based on a panel questionnaire survey administered to university students aspiring to be schoolteachers. In particular, we focused on changes in their ideal image of teachers and teaching, learning at university, and social consciousness and behavior, from the first and fourth grades. Through analysis of our data, we found that university students experience an increased sense of mission and responsibility as teachers over the 4-year period, and acquire basic skills that are useful in the teaching profession. However, they attain limited education on knowledge and consciousness not pertaining to the classroom and school, such as politics, as well as social changes and problems. In particular, their interest in and concern with politics showed a decline. These results suggest that students’ consciousness is primarily focused on the classroom and school contexts, while viewpoints on “society” lag behind during the 4 years at university. Based on the above results, we pointed out the necessity of providing not only the “practical skills” required in the field, but also broader knowledge and thinking that is not limited to the classroom and school contexts during teacher training. Such knowledge and thinking is important when dealing with educational problems, such as inequality in education, as a result of changes in social conditions.
本研究では、教職志望の大学生への4 年間の質問紙パネル調査から、大学4 年間の学生の意識・行動の変化を検討した。特に、大学生の教職観・指導観、大学での学習、社会意識・行動に注目しつつ、1 学年から4 学年の間にどのような変化が生じるのか、探索的に吟味した。分析の結果、教職志望の大学生は、4 年間の間に教員としての使命感や責任感を高め、実際に教員なったときに役立つ基本的なスキルを獲得している。しかし、他方で政治や社会問題といった、教室・学校外の社会的事象への関心、すなわち社会意識については変化が限定的であることがわかった。特に政治的な項目については、むしろ関心が低まっていく傾向が示された。これらの結果は、教職志望の学生の意識が、大学4 年間の間に教室内・学校内に焦点づけられ、他方で「社会」への視点は置き去りにされている可能性を示唆している。以上の結果から、教育の格差問題など、社会状況の変化に起因する教育問題に対応する上で、教員養成段階において「現場での実践力」の提供だけでなく、教室内・学校内に限定しないより広い知識・教養を提供することの重要性を指摘した。
Full-Text

http://ir.library.osaka-u.ac.jp/repo/ouka/all/60446/aes22-027.pdf

Number of accesses :  

Other information