Departmental Bulletin Paper 大人の中にある「子ども性」の要素とその意義の検討 : Jung派の文献を中心に
Elements of “Childness” in adults and significance thereof : focusing on Jungian studies
オトナ ノ ナカ ニ アル コドモ セイ ノ ヨウソ ト ソノ イギ ノ ケントウ Jungハ ノ ブンケン ヲ チュウシン ニ

小川, 将司  ,  三浦, 史進  ,  原口, 喜充  ,  平野, 仁弥  ,  Hirano, Kimiya  ,  Miura, Shishin  ,  Haraguchi, Hisami  ,  Ogawa, Masashi  ,  ミウラ, シシン  ,  ヒラノ, キミヤ  ,  オガワ, マサシ  ,  ハラグチ, ヒサミ

22pp.43 - 52 , 2017-03-31 , 大阪大学大学院人間科学研究科教育学系 , Department of Education Graduate School of Human Sciences, Osaka University , オオサカ ダイガク ダイガクイン ニンゲン カガク ケンキュウカ キョウイクガクケイ
ISSN:13419595
NCID:AN1055404X
Description
Sometimes people use an idiom like “return to the child’s mind.” According to some, “Childness” in adults is important in psychotherapy, although this view has not yet been clarified. In view of this, the present paper clarifies and discusses the elements of “Childness” in adults through analysis of Jungian and other studies. The purposes of this study were, first, to identify and clarify the elements of “Childness” in adults, a concept whose importance has not yet been confirmed. Second, the study sought to clarify the significance of activating elements of “Childness” in adults, for their own benefit. Based on our analysis of Jungian studies and others referring to the KJ method, we identified four elements of “Childness,” namely, “naturality,” “nowness,” “spirituality,” and “playfulness.” A comparison of previous studies suggested that these elements can be found not only in children, but also in adults. We also concluded that it was important for adults to activate the elements, to attain liveliness. In addition, we pointed out the importance of investigating “Childness” in view of the elements. However, investigation of “Childness” based on the elements is not enough. Moreover, it is important to review “Childness” as a whole, for thorough elucidation.
大人の中にある「子ども性」と呼べるような性質は、様々な観点から心理臨床において重要であると考えられるが、未だ具体的な形でまとめられていない。本稿は、大人の中にある「子ども性」について、Jung派の文献を中心に先行研究を分析し、「子ども性」の要素を抽出することで検討したものである。目的は、第一に、大人の中にある「子ども性」の要素を抽出しまとめることである。第二に、「子ども性」を大人が生きることの、大人自身にとっての意義について明らかにすることである。KJ法を参考にした分析の結果、「子ども性」の要素として、「素」、「今」、「スピリチュアリティ」、「プレイフルネス」の4 つの要素が抽出された。そして、先行研究をこのような「子ども性」の観点から検討した結果、これらの要素は、大人の中にある「子ども性」と捉えられると考えられた。また、大人自身が「子ども性」を生きることの意義も示唆された。最後に、本稿で見出された要素を用いた「子ども性」の検討を続けることと、要素からのみならず、全体としての「子ども性」を検討し直すことの重要性を述べた。
Full-Text

http://ir.library.osaka-u.ac.jp/repo/ouka/all/60444/aes22-043.pdf

Number of accesses :  

Other information