Departmental Bulletin Paper 物語りと対話 : 第二言語教育のための物語り論と対話原理
Narrative and Dialogue : Narratology and dialogism for second language education
モノガタリ ト タイワ ダイニ ゲンゴ キョウイク ノ タメノ モノガタリロン ト タイワ ゲンリ

佐川, 祥予  ,  Sagawa, Sachiyo  ,  サガワ, サチヨ

21pp.29 - 35 , 2017-03-31 , 大阪大学国際教育交流センター , オオサカ ダイガク コクサイ キョウイク コウリュウ センター
ISSN:13428128
NCID:AA11266479
Description
研究ノート
物語り論は、人間科学の方法論や文化の基礎理論として研究されてきた。物語りは、人間にとって普遍共通の行為であり、生の営みと深く関わっている。本稿では、まず、物語りのもつ機能を概観したのち、バフチンの対話と照らし合わせながら、人と人との間で行われる物語りについて検討し、物語り行為の中でことばの姿を捉えることを試みる。本稿は、今後、物語り論の要素を取り入れた日本語教育の企画と教室内における相互行為の分析を行うための理論的検討の一部である。
Full-Text

http://ir.library.osaka-u.ac.jp/repo/ouka/all/60433/MESE_21_029.pdf

Number of accesses :  

Other information