紀要論文 職務目標と従業員の制御焦点との関連
Objectives at work and employee regulatory focus
ショクム モクヒョウ ト ジュウギョウイン ノ セイギョ ショウテン トノ カンレン

佐藤, 有紀  ,  五十嵐, 祐  ,  サトウ, ユキ  ,  イガラシ, タスク  ,  Sato, Yuki  ,  Igarashi, Tasuku

16pp.15 - 19 , 2016 , 大阪大学大学院人間科学研究科対人社会心理学研究室 , オオサカ ダイガク ダイガクイン ニンゲン カガク ケンキュウカ タイジン シャカイ シンリガク ケンキュウシツ
ISSN:13462857
NII書誌ID(NCID):AA11550166
内容記述
本研究では、職務目標が従業員の制御焦点に及ぼす影響を検討した。先行研究では、従業員の促進焦点は職場での協力行動を増加させるが、予防焦点はそうした効果を持たないことが示されている。本研究では、職場に導入される目標管理システムに着目し、促進焦点的な職務目標が従業員の促進焦点を駆動し、予防焦点的な職務目標が従業員の予防焦点を駆動すると予測した。職務目標を持つ120名の日本人従業員サンプルが分析の対象となった。回答者の制御焦点と、職場の経営レベル、部レベル、課レベル、個人レベルの目標が調査され、2名の評価者が、目標が促進焦点的であるか予防焦点的であるかを評定した。相関分析の結果、一部の目標レベルで、職務目標の特徴が従業員の制御焦点と関連を持つことが示された。最後に、本研究の意義と限界が議論された。
This study investigated the effects of objectives at work on employee regulatory focus. Previous research showed that employees with a promotion-focus orientation enhance cooperation at work, but those with a prevention-focus orientation do not.We focused on management by objectives (MBO) and hy-pothesized that promotive objectives drive employees to have a promotion focus, whereas preventive objectives drive a prevention focus. Data from 120 Japanese employees were analyzed based on Higgins's (1997) criteria for judging promotion and prevention focus. Participants rated their regulatory focus and described four levels of objectives(business,department,section,and individual)at work. Two independent raters classified the objectives as promotive or preventive. Correlation analyses revealed that promotive/preventive orientation of some levels of objectives correlated with employee regulatory focus. The significance and limitations of the present study are discussed.
本文を読む

http://ir.library.osaka-u.ac.jp/dspace/bitstream/11094/57810/1/jjisp_16_015.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報