紀要論文 現実世界状況法によるパーソナル・スペースの測定
Measurement of personal space by a real world situation method
ゲンジツ セカイ ジョウキョウホウ ニ ヨル パーソナル スペース ノ ソクテイ

山口, 千晶  ,  山, 祐嗣  ,  ヤマグチ, チアキ  ,  ヤマ, ヒロシ  ,  Yamaguchi, Chiaki  ,  Yama, Hiroshi

16pp.1 - 8 , 2016 , 大阪大学大学院人間科学研究科対人社会心理学研究室 , オオサカ ダイガク ダイガクイン ニンゲン カガク ケンキュウカ タイジン シャカイ シンリガク ケンキュウシツ
ISSN:13462857
NII書誌ID(NCID):AA11550166
内容記述
本研究の目的は①Novelli et al. (2010)の「現実世界状況法」を用いてパーソナル・スペースの測定を試みること②二つの状況要因(親近度・身長)がパーソナル・スペースに及ぼす影響の検討であった。実験参加者はサクラと共に、なじみのある話題(フィラー課題)について会話するため椅子を配置するよう指示され、その際の実験参加者の椅子とサクラの椅子との距離をパーソナル・スペースとして測定した。実験参加者とサクラが知人である親近度高条件と見知らぬ者同士である親近度低条件が設定された。実験参加者とサクラが親しくない時、パーソナル・スペースを大きくとった。また実験参加者の身長がサクラより低いと実験参加者は威圧感を感じパーソナル・スペースをより大きくとると予測したが、実際は実験参加者自身の身長がサクラより高い場合パーソナル・スペースをより大きくとった。他者との距離の取り方は自己防衛としてではなく、他者への配慮が働いたためと考えられる。
The present study measured“personal space”using the real world situation method (Novelli et al.,2010), and examined the influence of two factors (degree of intimacy/height)hypothesized to affect preference for personal space.Each female participant(N=34)was asked to discuss a familiar topic (a filler task) with a confederate and to adjust the distance between her seat and the confederate's so as to create a comfortable personal space. Participants were assigned to either a high-intimacy condition with a known confederate or low-intimacy condition with an unknown confederate.When participants were unfamiliar with the confederate, they maintained a larger personal space. Furthermore, taller participants tended to maintain a larger personal space. These results, in conjunction with the results from a follow-up questionnaire,suggest that people create physical distance not so much as a form of self-protection, but rather as a way to demonstrate consideration for others.
本文を読む

http://ir.library.osaka-u.ac.jp/dspace/bitstream/11094/57809/1/jjisp_16_001.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報