紀要論文 関係形成期における関係の効用が罪悪感に及ぼす影響
The effect of relational utility on the severity of guilt in the context of new relationships
カンケイ ケイセイキ ニ オケル カンケイ ノ コウヨウ ガ ザイアクカン ニ オヨボス エイキョウ

八木, 彩乃  ,  ヤギ, アヤノ  ,  Yagi, Ayano

16pp.9 - 13 , 2016 , 大阪大学大学院人間科学研究科対人社会心理学研究室 , オオサカ ダイガク ダイガクイン ニンゲン カガク ケンキュウカ タイジン シャカイ シンリガク ケンキュウシツ
ISSN:13462857
NII書誌ID(NCID):AA11550166
内容記述
他者を傷つけてしまった際に経験される罪悪感は、相手や周囲に対する向社会的行動を促すことで、その関係の修復を促す機能があると論じられている。関係修復が主たる機能であれば、相手が自分の目標達成のために役立つ程度、すなわち関係の効用(relational utility)が高い相手に対して、罪悪感が経験されやすいと予測される。実際に、いくつかの研究は、関係の効用が罪悪感の強さに影響することを示している。しかし、関係形成期のように関係が不安定な時期には社会的交換が慎重に行われることが指摘されており、関係の効用によらず、罪悪感が生起しやすいかもしれない。本研究では、参加者(N=125)に関係形成期にある実際の友人に迷惑をかけた架空の場面を想起させ、その友人との関係の効用と経験するかもしれない罪悪感の程度を回答させた。その結果、関係の効用は罪悪感の強さと相関しており(r=.21,p=.019)、形成期にある関係でも関係の効用が罪悪感の経験の程度を予測することが示された。
The guilt experienced after unintentionally injuring someone functions to promote relationship restoration by motivating prosocial behavior towards one's partner.If relationship restoration is the main function of guilt, it can be predicted that the degree of partner's instrumentality (relational utility) may determine guilt severity. Indeed, some recent studies show that relational utility influences the severity of guilt. But, does this also hold in the context of new relationships? A previous study showed that social exchanges are performed with care and deliberation during relationship formation.Perhaps the correlation between guilt and relational utility begins just as a relationship is starting to form. In this study,participants(N= 125)imagined a scenario involving the accidental inconveniencing of a potential friend,answered relational utility questions regarding the potential friend, and reported the guilt that they would experience.Relational utility related to the severity of guilt (r=.21,p=.019),and it predicted the severity of guilt even though the relationship was still in the early stages of formation.
本文を読む

http://ir.library.osaka-u.ac.jp/dspace/bitstream/11094/57807/1/jjisp_16_009.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報