Departmental Bulletin Paper 予知能力の存在の検討 : ネガティブ刺激の事前回避
A reexamination of the precognitive ability to avoid negative stimuli
ヨチ ノウリョク ノ ソンザイ ノ ケントウ ネガティブ シゲキ ノ ジゼン カイヒ

今村, 夕貴  ,  釘原, 直樹  ,  イマムラ, ユキ  ,  クギハラ, ナオキ  ,  Imamura, Yuki  ,  kugihara, naoki

16pp.47 - 52 , 2016 , 大阪大学大学院人間科学研究科対人社会心理学研究室 , オオサカ ダイガク ダイガクイン ニンゲン カガク ケンキュウカ タイジン シャカイ シンリガク ケンキュウシツ
本研究は、Bem(2011)の予知的恐怖回避実験の結果を再検討することを目的とした。Bem(2011)の研究については、これまで多くの追試が行われている。しかしながら、一貫した結果は得られていない。Galak, Leboueuf,Nelson&Simmons(2012)は、Bem(2011)による実験の結果は参加者数の過多による帰無仮説の誤棄却であると主張している。したがって本研究では、実験参加者数を減らし、Bem(2011)の主張を再検討した。加えて、山羊・羊効果(Schmeidler,1945)から、超心理現象を信奉する程度が実験結果に影響すると考えられる。そのため、超自然現象信奉尺度(中島・佐藤・渡邊,1993)得点と参加者が予知能力の信奉する程度を分析に用い、Bem(2010)の主張を詳細に検討した。結果、実験条件間に有意な差は認められず、Bem(2011)の研究は再現されなかった。
The purpose of the study was to reexamine the experiment of precognitive avoidance of negative stimuli (Bem,2011).Although, several researchers have attempted to replicate the results of Bem’s study,they have had inconsistent results.Galak,Leboueuf,Nelson&Simmons(2012)criticized that the result of Bem’s study was derived from large sample size and false rejection of null hypothesis. Therefore, we reexamined Bem’s study by assembling adequate number of participants. In addition,because the degree of believing in psi is said to have effects on precognitive ability(sheep-goat effect(Schmeidler,1945)),we me asured the score of Paranormal Belief Scale(Nakajima,Sato&Watanabe,1993)and compared the performance of participants who have different level of believing in psi.Our results did not match those reported by Bem;thus,we were not able to replicate the 2011 precognitive ability study.

Number of accesses :  

Other information