紀要論文 集団成員の制御焦点が集団討議における沈黙に与える影響
The effect of individual regulatory focus on in-group silence
シュウダン セイイン ノ セイギョ ショウテン ガ シュウダン トウギ ニ オケル チンモク ニ アタエル エイキョウ

樽井, この美  ,  五十嵐, 祐  ,  タルイ, コノミ  ,  イガラシ, タスク  ,  Tarui, Konomi  ,  Igarashi, Tasuku

16pp.33 - 39 , 2016 , 大阪大学大学院人間科学研究科対人社会心理学研究室 , オオサカ ダイガク ダイガクイン ニンゲン カガク ケンキュウカ タイジン シャカイ シンリガク ケンキュウシツ
ISSN:13462857
NII書誌ID(NCID):AA11550166
内容記述
本研究は、集団討議場面において集団成員が問題解決に寄与する言動をしないことを沈黙として捉え、集団内での沈黙を抑制する要因について検討した。集団内の圧力への屈服、ネガティブなフィードバックへの恐れ、現状維持といった沈黙の要因は、制御焦点(Higgins,1997)のうち予防焦点と関連すると考えられることから、本研究では、集団討議場面において、予防焦点の優勢な個人の発言時間が促進焦点の優勢な個人よりも短くなると予測し、隠れたプロフィール課題を用いて3名集団での集団討議実験を行った。分析の結果、制御焦点の操作によって発言時間に有意な差はみられなかった。その一方で、促進焦点が優勢となっている場合、特性的な予防焦点が発言と関連しており、特性的予防焦点と、促進焦点のプライミングの交互作用が発言に影響する可能性が示唆された。
This study investigated psychological factors that decrease in-group silence.Silence is regarded as behaving passively or doing nothing to influence group decision making in a group,and lead by in-group pressure,threats of getting negative feedback,and status quo. Based on the regulatory focus theory,this study used a hidden profile task in a group with three members and predicted that a minority member in the group primed with prevention focus is likely to speak shorter than those with promotion focus. Results showed that no significant differences were found between promotion focus and prevention focus priming.On the other hand,trait prevention focus of the minorities increased an illocutionally act in the promotion-focused condition.Implication of the result interpreted by the impact of activated motivation on the avoidance of criticism for passive involvements in group tasks among people with chronic prevention focus.
本文を読む

http://ir.library.osaka-u.ac.jp/dspace/bitstream/11094/57804/1/jjisp_16_033.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報