Departmental Bulletin Paper 中学生における思春期危機について : 一般中学生と不登校中学生に投影法を用いて行われた調査の文献研究から
Puberty Crisis among Junior High School Students : Literature Review on Projective Method Studies among Literature Review on Projective Method Studies among
チュウガクセイ ニ オケル シシュンキ キキ ニ ツイテ イッパン チュウガクセイ ト フトウコウ チュウガクセイ ニ トウエイホウ ヲ モチイテ オコナワレタ チョウサ ノ ブンケン ケンキュウ カラ

赤川, 力  ,  Akagawa, Chikara  ,  アカガワ, チカラ

21pp.13 - 27 , 2016-03-31 , 大阪大学大学院人間科学研究科教育学系 , Department of Education Graduate School of Human Sciences, Osaka University , オオサカ ダイガク ダイガクイン ニンゲン カガク ケンキュウカ キョウイクガクケイ
ISSN:13419595
NCID:AN1055404X
Description
The present article discusses the puberty crisis among junior-high school students referring to Kretschmer’s (1949/1958) concept of this crisis. We reviewed previous researches carried out in Japan that apply projective methods among truants and their peers who attend school regularly. In so doing, we managed to clarify the specifics of the puberty crisis in each of the two aforementioned groups and classify them into five clusters. We also arrived at the conclusion that puberty crisis is an important issue for school-attending students. Therefore, it should be so also for their truant peers. That is especially valid for issues of puberty crisis-related anxiety: anxiety seems to remain dormant in the unconscious mind of the school-attending students, while in cases of truancy it emerges on a conscious level. However, the consciousness of the truant students can hardly cope with such anxiety. Despite the important conclusions, however, our study remained limited only to literature review of researches that use projective methods. For that reason, carrying out projective method researches on the puberty crisis among truants and junior high school students with developmental disorders will also be well-justified.
本研究は,わが国の一般中学生と不登校中学生に投影法を用いて行われた研究から,中学生におけるKretschmer(1949/1958)の思春期危機について検討したものである。目的は, 1 .一般中学生における思春期危機について, 2 .不登校中学生における思春期危機について,明らかにすることである。方法は,わが国における現在までの一般中学生と不登校中学生に投影法を用いて行われた研究の文献検索であった。結果を大まかに5 つに分けて考察した。一般中学生と思春期危機は深く関連していると考えられた。次いで,不登校中学生にも思春期危機は深く関連していると考えられた。一般中学生においては不安が無意識に潜在している状態であるが,不登校中学生においては不安が意識にまで溢れており,意識が不安に対処出来ていない状態と捉えられた。また,本研究の限界である投影法の文献研究という点についても触れた。今後の課題として,発達障害の中学生における思春期危機の研究と,発達障害の不登校中学生に投影法を用いて行われた研究の必要性を挙げた。
Full-Text

http://ir.library.osaka-u.ac.jp/repo/ouka/all/57427/aes21-013.pdf

Number of accesses :  

Other information