紀要論文 A Literature Review of Research on Knowledge Building Approach to Education
教育における知識構築に関する先行研究のレビュー

Sun, Zhi  ,  Caprio, Marife  ,  Zaorski, Spence  ,  Li, Zhe  ,  カルピオ, マリフェ  ,  ゼオースキ, スぺンス  ,  李, 哲  ,  孫, 帙

21pp.3 - 12 , 2016-03-31 , 大阪大学大学院人間科学研究科教育学系 , Department of Education Graduate School of Human Sciences, Osaka University , オオサカ ダイガク ダイガクイン ニンゲン カガク ケンキュウカ キョウイクガクケイ
ISSN:13419595
NII書誌ID(NCID):AN1055404X
内容記述
学習者が学校で知識を再生するという活動を行うだけでは、学習の効果は限られる。そのため、「知識再生」のみならず、「知識構築」を促す研究が多くなされている。しかしながら、教育における知識構築の定義はまだ定まっていない。そこで、本稿では、最近20年間の理論や教育実践を対象として、先行研究を検討し、知識創造、協働活動、学習者主導の実践が重要な要素であることを示した。さらに、ポストモダニズム、協働学習、構成主義が主な基礎理論になっていることを明らかにした。
Learning cannot be maximized when students merely meet the demands of school tasks by transforming knowledge. Researchers are trying to prompt students’ learning to move beyond “knowledge reproduction”to “knowledge building.” There is a lack of agreement on the meaning of the term “knowledge building” in education so this paper offers a literature review of research and practices related to knowledge building in education. The review offers a set of features derived from reflections on the theoretical development and instructional practice of knowledge building in education over the last twenty years, in order to explore the necessary conditions that an educational knowledge building practice should have. Based on these features, the origin and the development process of knowledge building theory in education is explored.
本文を読む

http://ir.library.osaka-u.ac.jp/repo/ouka/all/57424/aes21-003.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報