紀要論文 農民文学と<女が読む小説>「通俗小説」のはざまで : 加藤武雄の文学論と「義民」小説
Integration of Peasant and Popular Literature for Women : A Case of Kato Takeo
ノウミン ブンガク ト オンナ ガ ヨム ショウセツ ツウゾク ショウセツ ノ ハザマ デ カトウ タケオ ノ ブンガクロン ト ギミン ショウセツ

木村, 涼子  ,  Kimura, Ryoko  ,  キムラ, リョウコ

21pp.67 - 88 , 2016-03-31 , 大阪大学大学院人間科学研究科教育学系 , Department of Education Graduate School of Human Sciences, Osaka University , オオサカ ダイガク ダイガクイン ニンゲン カガク ケンキュウカ キョウイクガクケイ
ISSN:13419595
NII書誌ID(NCID):AN1055404X
内容記述
This paper focuses on a popular male writer in modern Japan named KATO Takeo, who came from a poor farm village and authored works on literature for women. This paper aims to analyze his literary theory and thought, which are conflicted between peasant literature and popular literature for women. The former is connected with Kato Takeo’s ideal of literature and social interest, while the latter is related to his economical interest. In modern Japan, both popular (taishu-bungaku or tsuuzoku-shosetsu in Japanese) and serious literature (jun-bungaku in Japanese) have developed through the influence of the mass media. The increase in the number of educated and literate women led to the development of magazines and popular literature aimed at women. However, during both the prewar and postwar periods, popular literature for women, published mainly in women’s magazines or newspapers, was excluded from not only the jun-bungaku category but also taisyu-bungaku category. While resisting this contempt for women’s popular literature, Kato was himself ashamed of being classified in this genre of popular literature, and desired to write literature that idealized the peasant class. Consequently, he tried to create a new style of novels by integrating the styles of peasant and popular literature for women. This paper considers whether his effort was successful in overcoming not only his own internal conflict but also the gender politics of the literary world in modern Japan.
「通俗小説」は<女が読む小説>として、文壇において、また文学史において、低い地位に置かれてきた。農民文学者でもあり「通俗小説」の流行作家でもあった加藤武雄は、その作家人生の大半において苦悩していた。自然主義文学、やがて明確に農民文学を志すようになりながらも、家長として家族を養うため、長男として故郷の実家を助けるため、さらには故郷の農村や農民文学運動を経済的に支えるために、原稿料の高い新聞・雑誌の連載「通俗小説」を次々と書かねばならないという葛藤を抱えていた。「通俗小説」作家であることを恥じつつ、文壇における「通俗小説」蔑視には反発覚えていた。「私小説」「心境小説」はては「楽屋落ち小説」と言われるような、文壇内輪受けする短編が「芸術」とされ、大衆読者が生活の中で心の糧とするような、物語とモラルを含んだ長編小説が軽蔑されることには、不満をおぼえていたのである。一方で、農民を埒外におき、工場労働者のみを対象にした、アジテーションのような紋切り型のプロレタリア文学が称揚されることにも違和感を感じていた。そうした葛藤の中で、女性読者も含む大衆の関心を引く物語構造をもつ長編小説を描く技能の鍛錬と、農民小説の志を結びつけていく。「通俗小説」と農民文学の間で引き裂かれていた一人の作家が、そのギャップを埋める方向を歴史小説にもとめていく過程を明らかにする。
本文を読む

http://ir.library.osaka-u.ac.jp/repo/ouka/all/57413/aes21-067.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報