Departmental Bulletin Paper 対人援助職従事者におけるバーンアウトと感情労働の関係性について : 事例分析を通した検討
The Relationship between Burnout and Emotional Labor in Interpersonal Service Professionals : A Case Analysis
タイジン エンジョショク ジュウジシャ ニ オケル バーンアウト ト カンジョウ ロウドウ ノ カンケイセイ ニツイテ ジレイ ブンセキ ヲ トオシタ ケントウ

土井, 裕貴  ,  Doi, Yuki

20pp.39 - 50 , 2015-03-31 , 大阪大学大学院人間科学研究科教育学系 , Department of Education Graduate School of Human Sciences, Osaka University , オオサカ ダイガク ダイガクイン ニンゲン カガク ケンキュウカ キョウイクガクケイ
ISSN:13419595
NCID:AN1055404X
Description
Burnout is a common problem among interpersonal professionals in present times. This paper examines the relationship between burnout and emotional labor through case analysis in each individual case. A number of studies have considered this relationship, but results are inconsistent. This is largely because the relationship between burnout and emotional labor has not been elucidated, as a variety of processes are involved for each individual. This paper tries to clear the relationship between emotional labor and burnout by giving each individual burnout case and not-burnout case from a preventative point of view. The results show that, in some cases of burnout, conditions of preventing to engage in emotional labor have led to the burnout and burnout don’t necessarily relate emotional labor. In addition, in some not-burnout cases, mental fatigue is felt in engaging emotional labor.
本稿は、対人援助職従事者において近年問題となっている、バーンアウトと感情労働の関係性について、事例分析を通じて検討したものである。感情労働とバーンアウトの関係性については、現在まで量的な研究が多くなされてきたが、一貫した結果が得られていない状態であった。それは、バーンアウト、感情労働ともに、個々人ごとに多様なプロセスが存在するにもかかわらず、量的な研究でこれらの現象、関係性を明らかにしようとしていたからである。しかし、一貫した結果が得られていない現状を踏まえると、量的な研究でこれらを明らかにするのはもはや限界といえるだろう。本稿はバーンアウトに至った事例と、予防的観点から、バーンアウトには至っていない日常の職務上での疲労の事例を挙げ、感情労働とバーンアウトの関係性について検討した。その結果、バーンアウト事例では、感情労働できない状況がバーンアウトにつながっている、感情労働がバーンアウトの直接的な原因ではないことが明らかになった。また、日常の精神的な疲労の事例においては、感情労働によって精神的な疲労を感じていることが明らかになった。
Full-Text

http://ir.library.osaka-u.ac.jp/repo/ouka/all/57411/aes20-039.pdf

Number of accesses :  

Other information