紀要論文 A Documentation Platform for Supporting and Assessing Collaborative Knowledge Building in Learning Computer Programming

Imamura, Rie  ,  Zaorski, Spence  ,  Nishimori, Toshihisa  ,  Maesako, Takanori  ,  Nakamura, Masako  ,  Sun, Zhi  ,  Li, Zhe  ,  李, 哲  ,  Zaorki, Spence  ,  孫, 帙  ,  Imamura, Rie  ,  Nakamura, Masako  ,  前迫, 孝憲  ,  西森, 年寿

20pp.77 - 89 , 2015-03-31 , 大阪大学大学院人間科学研究科教育学系 , Department of Education Graduate School of Human Sciences, Osaka University , オオサカ ダイガク ダイガクイン ニンゲン カガク ケンキュウカ キョウイクガクケイ
ISSN:13419595
NII書誌ID(NCID):AN1055404X
内容記述
This paper presents a documentation approach for promoting students’ knowledge building in learning Computer Programming. The underlying premise is that the documentation process allows students to track their learning, develops transformative communication with teachers, and provides a persistent record of individual work and collective cognition artifacts. Our focus is on practical and collaborative considerations for learning computer programming, and we explore a theoretical instructional design framework that organizes learning activities in order to better engage students in the programming course. A learning platform to support this theoretical framework was developed to give students simultaneous access to a shared online documentation work environment. The students were able to program and do documentation work together in real time, and to invite others to view, check, and comment on their files. The documentation work leading up to the artifact creation showed the students’ improving understanding of programming, especially in their collaborative work. Thus, we show how collaborative documentation work is useful in improving deep constructivism and students’ engagement in knowledge building.
本研究では、知識構築を促進するため、ドキュメンテーションを通して学習者に既定の学習内容に沿って学習を進めさせ、教授者との形成的なコミュニケーションを深めるとともに、学習者一人ひとり、及び協同学習によるグループの学習過程や学習成果を記録した持続的なポートフォリオを提供する方法を考案した。この方法を用いて、実践的なプログラミング能力の習得を目的とする教育実践を行い、その効果を検証した。学習者によりよく学習内容に集中して学習活動を行わせるために、教育実践を設計するための理論的枠組みを設定し、また、この理論的枠組に基づいてプログラミング学習のプラットフォームを構築した。複数の学習者が同時にこのプラットフォームにアクセスして、オンラインでドキュメンテーションを共有し作業することができる。また、ほかの学習者が作成したものを閲覧したり、コメントしたりすることもできる。その結果、学習過程や学習成果の記録や、協同学習を通してプログラミングへの理解が進んだ。以上より、協同的なドキュメンテーション作業は知識構築を促すことに有効であることが分かった。
本文を読む

http://ir.library.osaka-u.ac.jp/repo/ouka/all/57405/aes20-077.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報