Departmental Bulletin Paper 促音挿入による強調について
ソクオン ソウニュウ ニヨル キョウチョウ ニ ツイテ

金子, 理紗

2015pp.7 - 12 , 2016-05-31 , 大阪大学大学院言語文化研究科 , オオサカダイガク ダイガクイン ゲンゴブンカ ケンキュウカ , Graduate School of Language and Culture, Osaka University
NCID:BA62202744
Description
音声言語の研究10
日本語では、「すっごしリのように促音を挿入して強調を示すことがある。本研究では、促音の挿入がどのような子音の前で強調として認められるか、東京方言話者20名を対象に、音声を用いた調査と文字を用いた調査をそれぞれ行なった。その結果、音声の場合でも文字の場合でも、一般的には避けられる有声子音前への挿入も含めて、促音の挿入は強調表現として認められやすいことが判明した。また、容認度の評定には、子音種以外の要因も関わっている可能性が示唆された。
Full-Text

http://ir.library.osaka-u.ac.jp/dspace/bitstream/11094/57345/1/gbkp_2015_o10_007.pdf

Number of accesses :  

Other information