紀要論文 終助詞「ね」のイントネーション
シュウジョシ ネ ノ イントネーション

郡, 史郎

2015pp.61 - 76 , 2016-05-31 , 大阪大学大学院言語文化研究科 , オオサカダイガク ダイガクイン ゲンゴブンカ ケンキュウカ , Graduate School of Language and Culture, Osaka University
NII書誌ID(NCID):BA62202744
内容記述
音声言語の研究10
東京など首都圏中央部の日本語における終助詞「ね」のイントネーションと用法の対応関係について,合成音声の聴取実験の結果と会話資料により検討した。その結果(表2),典型東京など首都圏中央部の日本語における終助詞「ね」のイントネーションと用法の対応関係について,合成音声の聴取実験の結果と会話資料により検討した。その結果(表2),典型的な「ね」のイントネーションの使い方は終助詞が付かない裸の文末におけるイントネーションの使い方と共通だが,それ以外にもさまざまな使い方ができ,そこには話し手の心的状態や対人態度を反映する部分が大きいことがわかった。
本文を読む

http://ir.library.osaka-u.ac.jp/dspace/bitstream/11094/57286/1/gbkp_2015_o10_061.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報