紀要論文 「中級会話」授業報告 : 会話指導の問題点およびその改善に向けて
A Report on Intermediate Conversation Class : Problems with Teaching Conversation and for Their Improvements
チュウキュウ カイワ ジュギョウ ホウコク カイワ シドウ ノ モンダイテン オヨビ ソノ カイゼン ニ ムケテ

日比, 伊奈穂  ,  ヒビ, イナホ  ,  Hibi, Inaho

14pp.65 - 75 , 2016-3-31 , 大阪大学日本語日本文化教育センター , オオサカ ダイガク ニホンゴ ニホン ブンカ キョウイク センター
ISSN:00044181
NII書誌ID(NCID):AA12420075
内容記述
2009年度より、春学期、秋学期ともに、日本語・日本文化研修留学生及びメイプルプログラムの留学生に対する「中級会話」の授業を担当してきた。本稿はその秋学期の授業報告である。どちらのプログラムの学生も秋学期に合わせて来日するため、秋学期はいわゆる中級前半レベルを想定した授業を行っている。学習者が日常遭遇する場面における「依頼する」「誘う」といった会話表現を取り上げ、相手や場面に応じて適切な表現が使えるようになるよう指導している。しかし、その指導が必ずしも学生に行き渡っているとは言えない。理解はしても実際の会話場面ではうまく表現できない学生もおり、それとは対称的に、言いたいことが相手に伝わるので、適切に表現することを疎かにしてしまう学生もいる。会話の指導にはフィードバックが欠かせないが、効果的にフィードバックを行うにはどうすることが必要だろうか。授業報告と併せ、会話指導の問題点についても考える。
本文を読む

http://ir.library.osaka-u.ac.jp/dspace/bitstream/11094/56948/1/JLCE_14_065.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報