紀要論文 英語の結果構文における目的語省略の意味・語用論的条件
Semantic and Pragmatic Conditions on Object Omission in the English Resultative Construction
エイゴ ノ ケッカコウブン ニ オケル モクテキゴ ショウリャク ノ イミ ゴヨウロンテキ ジョウケン

小薬, 哲哉  ,  コグスリ, テツヤ  ,  Kogusuri, Tetsuya

42pp.85 - 105 , 2016-03-31 , 大阪大学大学院言語文化研究科 , オオサカ ダイガク ダイガクイン ゲンゴ ブンカ ケンキュウカ , Graduate School of Language and Culture Osaka University
ISSN:03874478
NII書誌ID(NCID):AN00077727
本文を読む

http://ir.library.osaka-u.ac.jp/dspace/bitstream/11094/56190/1/slc_42-085.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報