Departmental Bulletin Paper 演劇鑑賞者の地方劇場に対する価値評価 : 「鳥の劇場」来場者に対する仮想評価法を用いた定量的調査
Why Do People Come to the Regional Theater? : Calculating the Value of Theater Using CVM at“ Bird Theater” in Tottori
エンゲキ カンショウシャ ノ チホウ ゲキジョウ ニ タイスル カチ ヒョウカ トリノゲキジョウ ライジョウシャ ニ タイスル カソウ ヒョウカホウ ヲ モチイタ テイリョウテキ チョウサ

鈴木, 星良  ,  蓮, 行  ,  木ノ下, 智恵子  ,  スズキ, セイラ  ,  レン, ギョウ  ,  キノシタ, チエコ  ,  Suzuki, Seira  ,  Gyou, Ren  ,  Kinoshita, Chieko

14pp.33 - 41 , 2016-03-31 , コミュニケーションデザイン・センター
ISSN:18818234
NCID:AA12216567
Description
仮想評価法(CVM:Contingent Valuation Method)を劇場という公共財に用いて市場価値ではとらえきれない非市場価値を含めた価値評価を行う事例は日本でも数件すでに着手され、利用しなくても劇場の存在そのものが評価され、公的資金が用いられることの妥当性が指摘されてきた。そうした背景をもとにこれまでの劇場の価値評価は劇場が存立する地域住民を対象に行われてきたが、対象となる劇場の直接的な恩恵を受ける人々は来場者である。本稿では鳥取県鳥取市にある「鳥の劇場」を対象とした仮想評価法を用いたアンケート調査を実施し、劇場来場者にとって劇場の評価額を高める要因を検討すると同時に仮想状況下での劇場の価値評価を行った。結果として、劇場の評価には来場回数、上演される内容に対する支払意志額、美学的価値のある作品の提供といった上演内容に対する項目が強く影響を及ぼしていることがわかった。
Contingent Valuation Method (CVM) has been used to evaluate public goods by means of conversing people's willingness to pay to price. In order to indicate that theaters are public goods, some researchers conducted the questionnaire survey for a large number of citizens living in the same district as the particular evaluating theater. The uniqueness of this paper is setting the target people as those who actually come to the theater. As a result, it is shown that people are eager to come to the theater far from the district and what kind of creation is performed in the theater is their main interesting.
Full-Text

http://ir.library.osaka-u.ac.jp/dspace/bitstream/11094/55636/1/cdob_14_033.pdf

Number of accesses :  

Other information