Journal Article NACSIS-ILLログ分析に基づく無料デジタル化資料に関する考察
Some considerations about free online academic resources based on an analysis of NACSIS-ILL logs
NACSIS ILL ログ ブンセキ ニ モトヅク ムリョウ デジタルカ シリョウ ニ カンスル コウサツ

藤江, 雄太郎  ,  小島, 由香  ,  長屋, 俊  ,  フジエ, ユウタロウ  ,  コジマ, ユカ  ,  ナガヤ, シュン  ,  Fujie, Yutaro  ,  Kojima, Yuka  ,  Nagaya, Shun

102pp.34 - 43 , 2015-08 , 学術文献普及会 , ガクジュツ ブンケン フキュウカイ
今日世界中で数多くのデジタル化資料が無料公開されている。本稿では,これらの資料の発見性を高める方策を検討するため,NACSIS-ILL のログに注目し,分析を行った。ILL ログのうち,無料で公開されているデジタル化資料が利用できるという理由で謝絶に至ったログを抽出,案内されている資料を調査した。その結果,無料デジタル化資料はWeb 上の広い範囲に散在し,特に国内では60%程度がNDLSearch・CiNii Articles・J-GLOBAL・J-STAGE の各サイトに加えて検索エンジンで検索すれば発見可能な資料であることがわかった。また,これらのサイトはメタデータ連携が部分的で,収録状況の詳細が明示されていないことがわかり,発見性低下の一つの要因になっていることが示唆された。 / There is now a multitude of digitizedmaterials that have beenmade available for free around the world. In order to consider measures to improve the discoverability of these free resources, the authors have analyzed the transaction logs from NACSIS-ILL logs. The authors surveyed the interlibrary loan transactions where the request was cancelled because an item was freely available to see what types of materials were requested. As a result, the authors found that the digitized materials are widely-scattered on the web and of particular significance approximately 60% of the domestic digitized materials are discoverable using the search engines and following services: NDL Search, CiNii Articles, J-GLOBAL, and JSTAGE. While there is a partial linkage between the metadata existing in each of these sites, it is not possible to see detailed information about the contents and that fact contributes to the decreased discoverability.

Number of accesses :  

Other information