学術雑誌論文 狭間のケア提供者 : チャプレンとビハーラ僧の存在に着目して

日髙, 悠登  ,  ヒタカ, ユウト  ,  Hitaka, Yuto

6 ( 1 )  , pp.29 - 56 , 2016-04 , 「宗教と社会貢献」研究会 , シュウキョウ ト シャカイ コウケン ケンキュウカイ
ISSN:21856869
内容記述
本稿では、ケアの現場においてチャプレンとビハーラ僧が肯定と否定の狭間に置かれたケア提供者であることを論じる。その上で、淀川キリスト教病院ホスピス・こどもホスピス病院ときぼうのいえのチャプレン、長岡西病院ビハーラ病棟とあそかビハーラ病院のビハーラ僧へインタビューを行い、彼らが置かれている現状とケア観を明らかにした。さらに臨床哲学とアルフォンソ・リンギスの議論から看取りの再考を行い、特に、在日外国人の看取りの場であるユニバーサル・ホスピスの設立に向けて、チャプレンとビハーラ僧を対象とした研究の拡充を唱えた。
In this paper, I discuss chaplain and Vihāra monks as caregivers between affirmation and negation at the scene of the care. Moreover, I interviewed two hospice chaplains (Yodogawa Christian Hospital Hospice and Children’s Hospice Hospital, Hope House) and two Vihāra hospices run by Vihāra monks (Nagaoka Nishi Hospital Vihāra Ward and Asoka Vihāra Hospital) and clarified their circumstances at scene of care and their ideas of care. Furthermore, I reconsidered terminal care arguments from clinical philosophy and Alphonso Lingis. In particular, I recommend the expansion of comparative studies of chaplains in Japan and Vihāra monks for the establishment of “the Universal Hospice” which is a place of the terminal care of the foreigner residing in Japan.
本文を読む

http://ir.library.osaka-u.ac.jp/dspace/bitstream/11094/55549/1/rsc06_01_029.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報