Journal Article ターミナルケアにおける神職の可能性

金田, 伊代  ,  カネダ, イヨ  ,  Kaneda, Iyo

6 ( 1 )  , pp.57 - 75 , 2016-04 , 「宗教と社会貢献」研究会 , シュウキョウ ト シャカイ コウケン ケンキュウカイ
ISSN:21856869
Description
ターミナルケアとは、回復の見込みのない疾患の末期に、苦痛を軽減し、精神的な平安を与えるように施される医療・介護である。ターミナルケアには各国独自の文化や宗教的な背景、死生観が関与するため、近年日本的なターミナルケアが模索されている。しかし、その研究や実践のほとんどはキリスト教や仏教的立場からのものである。日本人の死生観や霊魂観の根底には神道的な要素が含まれているが、神職が携わる可能性についてこれまでに体系だった研究はなされていない。そこで、ターミナルケアの宗教者の活動、神道と死との関わり、神道と医療福祉との関わりについてを文献調査と実態調査によって明らかにすることにより、神職におけるターミナルケアの可能性を探りたい。
Terminal care involves counseling and palliation to reduce pain and bring peace to dying people. Previous research and practice of terminal care derive largely from Christian or Buddhist standpoints. Japan cannot simply copy foreign practices because they involve such cultural and religious worldviews. Japanese views of life and death include many Shinto elements, yet no one has studied the possibility of Shinto priests engaging in terminal care. From literature and original interviews demonstrating how Shinto priests already engage in medicine and welfare, this study suggests the possibility of their further involvement in terminal care.
Full-Text

http://ir.library.osaka-u.ac.jp/dspace/bitstream/11094/55546/1/rsc06_01_057.pdf

Number of accesses :  

Other information