Departmental Bulletin Paper 戦争の記憶と語りの共同性 : 「経験した主体」と「想起する主体」
A Study on Folklores and Testimonies of the Battle of Okinawa : “Experienced Subject” and “Remembering Subject”
センソウ ノ キオク ト カタリ ノ キョウドウセイ  ケイケン シタ シュタイ ト ソウキ スル シュタイ

村山, 絵美  ,  ムラヤマ, エミ  ,  Murayama, Emi

35pp.47 - 62 , 2016-03-20 , 大阪大学文学部・大学院文学研究科 , オオサカ ダイガク ブンガクブ ダイガクイン ブンガク ケンキュウカ , Graduate School of Letters / School of Letters, Osaka University
ISSN:02864207
NCID:AN00030279
Description
特集:弔いと想起・語り
Full-Text

http://ir.library.osaka-u.ac.jp/dspace/bitstream/11094/55497/1/NG_35_047.pdf

Number of accesses :  

Other information