Departmental Bulletin Paper 書評 : 名ざしと名づけのあわいで : あらたな関係性を紡ぐ場所としての言葉(茶園敏美『パンパンとは誰なのか―キャッチという占領期の性暴力とGIとの親密性』)
Between Calling by Name and Naming : Words as the Space for Weaving New Relationships : Book Review of Toshimi CHAZONO, 2014, Who were the Pan Pans? : Sexual Violence and Intimacy in Occupation Japan
ショヒョウ ナザシ ト ナヅケ ノ アワイ デ アラタナ カンケイセイ ト ツムグ バショ ト シテ ノ コトバ チャゾノ トシミ パンパン ト ハ ダレ ナ ノ カ キャッチ ト イウ センリョウキ ノ セイボウリョク ト GI ト ノ シンミツセイ

日高, 由貴  ,  ヒダカ, ユキ  ,  Hidaka, Yuki

35pp.267 - 274 , 2016-03-20 , 大阪大学文学部・大学院文学研究科 , オオサカ ダイガク ブンガクブ ダイガクイン ブンガク ケンキュウカ , Graduate School of Letters / School of Letters, Osaka University
ISSN:02864207
NCID:AN00030279
Description
書評
Full-Text

http://ir.library.osaka-u.ac.jp/dspace/bitstream/11094/55493/1/NG_35_267.pdf

Number of accesses :  

Other information