紀要論文 日本語学習者がインターネット上のリソースを教室外の学習に利用し始めるメカニズム : 修正版グラウンデッド・セオリー・アプローチ(M-GTA)による理論構築
The mechanism for Japanese language learners to begin using internet resources for learning outside the classroom: A theory developed by Modified Grounded Theory Approach
ニホンゴ ガクシュウシャ ガ インターネットジョウ ノ リソース ヲ キョウシツガイ ノ ガクシュウ ニ リヨウ シハジメル メカニズム シュウセイバン グラウンデッド セオリー アプローチ M-GTA ニ ヨル リロンコウチク

欧, 麗賢  ,  Ou, Lixian

28pp.77 - 108 , 2016-02 , 大阪大学大学院文学研究科日本語学講座 , オオサカ ダイガク ダイガクイン ブンガグ ケンキュウカ ニホンゴガク コウザ
ISSN:09162135
NII書誌ID(NCID):AN10106606
内容記述
中国の大学の日本語学科の学生を対象としたインタビュー調査によって収集したデータを、修正版グラウンデッド・セオリー・アプローチ(M-GTA)によって分析し、これらの学生がインターネット上のリソースを日本語学習に利用するようになるメカニズムを明らかにした。最終的に構築された理論では、このメカニズムは【日本語環境に対する認識】【大学入学前の日本のポップカルチャーとの接触経験】【学習方法とリソースの情報の入手】という3つのカテゴリーによって構成されていることが分かった。
本文を読む

http://ir.library.osaka-u.ac.jp/repo/ouka/all/55456/hnk28_077.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報