Departmental Bulletin Paper <研究ノート>アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケル『《オットーネ/オットーネ》より池田扶美代のモノローグ』におけるダンスの場の構築
Construction of Place of Dance in “Monologue of Fumiyo Ikeda at the End of Ottone, Ottone”

佐原, 浩一郎  ,  Sahara, Kouichirou  ,  サハラ, コウイチロウ

37pp.175 - 188 , 2016-03-31 , 大阪大学大学院人間科学研究科 社会学・人間学・人類学研究室 , SOCIOLOGY, ANTHROPOLOGY, AND PHILOSOPHY Graduate School of Human Sciences OSAKA UNIVERSITY , オオサカ ダイガク ダイガクイン ニンゲン カガク ケンキュウカ シャカイガク ニンゲンガク ジンルイガク ケンキュウシツ
ISSN:02865149
NCID:AN0020011X
Description
In this paper, it is examined how a place of dance is constructed in the video, “Monologue of Fumiyo Ikeda at the End of Ottone, Ottone” (6 minutes, while an opera is fl oating, dancer’s voice is played at normal speed, on the other hand a dancer’s body begins to be played in slow motion from in the middle), by Anne Teresa De Keersmaeker, as using the argument in The Logic of Sensation by Gille Deleuze. When the video begins to be played in slow motion, it seems that the video discloses details of the movements that cannot be caught in normal speed, whereas the voice does not change the reproduction speed. However the video should be treated as one of places of dance for De Keersmaeker who is a choreographer. Even if slow motion is made by reconstitution of quantitative time and has to appear with its general effects, it has to become a part of aspects of dance. The video itself is the fi gurative and is what we perceive. Therefore a way to escape from the fi gurative is related to construction of place of dance. This paper clarifi es how De Keersmaeker found a place of dance by arranging slow motion of video in the composition, while describing a relationship between materiality to work with the fi gurative and invisible power to produce the fi gurative.
本稿は、アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケル『《オットーネ/オットーネ》より池田扶美代のモノローグ』(オペラが流れる中、通常速度で再生されるダンサーの声に対して、ダンサーの身体は途中からスローモーションとなる6分弱の映像作品)において、その映像の中でダンスの場がいかに構築されるかについて、主にジル・ドゥルーズ『感覚の論理学』における議論を援用しながら論じたものである。映像がスローモーションとなるとき、再生速度を変化させない声に対して、映像は通常速度では捉えきれない動きの詳細を開示させるように思われる。しかし、振付家であるドゥ・ケースマイケルにとっては、映像もまたダンスの場の一つとして扱われるべきものである。スローモーションが定量的時間の再構成によって作り出されるものであり、その一般的効果を伴いながら現れざるを得ないとしても、それはダンスにおける一つの側面とならなければならない。映像はそれ自体が象形的なものであり、わたしたちが知覚するものである。それゆえに、象形的なものの中でどのようにしてそれらの象形性から逃れるかが、ダンスの場の構築に大きく関わってくる。本稿では、そうした象形性と協働させられる質量性、そして象形性を産出する「見えない力」との関係性を描写しつつ、ドゥ・ケースマイケルが映像のスローモーション化をいかなる構成のうちに位置づけることよってダンスの場を見出し得たかを明らかにする。
Full-Text

http://ir.library.osaka-u.ac.jp/repo/ouka/all/54583/ahs37_175.pdf

Number of accesses :  

Other information