Departmental Bulletin Paper 森敦の文学 : 境界論をめぐる考察
The Literature of Atushi Mori : Consideration of the Theory of Line

佐藤, 伸郎  ,  Sato, Noburo  ,  サトウ, ノブロウ

37pp.143 - 161 , 2016-03-31 , 大阪大学大学院人間科学研究科 社会学・人間学・人類学研究室 , SOCIOLOGY, ANTHROPOLOGY, AND PHILOSOPHY Graduate School of Human Sciences OSAKA UNIVERSITY , オオサカ ダイガク ダイガクイン ニンゲン カガク ケンキュウカ シャカイガク ニンゲンガク ジンルイガク ケンキュウシツ
ISSN:02865149
NCID:AN0020011X
Description
This paper examines the theory of line by Atushi Mori. Once, Ryūju (Nagarjuna) considered the concept of kū (emptiness), and presented a manner of sitting that could lead people to experience kū. Teruji Ishizu considered the third range, and presented the condition of the fatal crisis of life which could lead to experiencing the third range. Kenji Miyazawa considered the fourth dimension, and presented agricultural labor as a means of attaining it. We have studied the third range of Teruji Ishizu and the fourth dimension of Kenji Miyazawa which are connected with kū. Kū, the nature of interdependent existence, is expressed as ‘Reality’ by Atushi Mori. Reality exists in liquid form but is made solidifi ed by language. This action invites distortion. The theory of line by Atushi Mori is the way which dissolves the solidifi ed reality into natural liquidity by language. Mori, by this way, has tried to reach the self of reality.
森敦が提起した境界論を考察する。かつて龍樹は空を考察し、その実践方法として結跏趺坐を提起した。また、石津照璽は、第三領域を考察し、その実践方法として絶体絶命の生命的危機を提起した。宮澤賢治は、第四次を考察し、その実践方法として農業従事を提起した。筆者はこれまで石津照璽の第三領域、宮澤賢治の第四次を龍樹の空の読み替えと捉え、研究をおこなってきた。森の用語でいえば、空は現実である。現実は流動し、言語はそれを固定化させる。ここに本来の存在と認識に矛盾が生じる。ひとは存在として流動するものなのに、認識するにはそれを固定化するほかはない。森の境界論は、言語によって固定化された現実を、言語によって流動化させる方法である。森は、この方法によって、ほんとうの自己に到達しようと試みたのである。
Full-Text

http://ir.library.osaka-u.ac.jp/repo/ouka/all/54582/ahs37_143.pdf

Number of accesses :  

Other information