Departmental Bulletin Paper 森敦の文学 : 境界論をめぐる考察
The Literature of Atushi Mori : Consideration of the Theory of Line

佐藤, 伸郎  ,  サトウ, ノブロウ  ,  Sato, Noburo

37pp.143 - 161 , 2016-03-31 , 大阪大学大学院人間科学研究科 社会学・人間学・人類学研究室 , オオサカ ダイガク ダイガクイン ニンゲン カガク ケンキュウカ シャカイガク ニンゲンガク ジンルイガク ケンキュウシツ , SOCIOLOGY, ANTHROPOLOGY, AND PHILOSOPHY Graduate School of Human Sciences OSAKA UNIVERSITY
ISSN:02865149
NCID:AN0020011X
Description
森敦が提起した境界論を考察する。かつて龍樹は空を考察し、その実践方法として結跏趺坐を提起した。また、石津照璽は、第三領域を考察し、その実践方法として絶体絶命の生命的危機を提起した。宮澤賢治は、第四次を考察し、その実践方法として農業従事を提起した。筆者はこれまで石津照璽の第三領域、宮澤賢治の第四次を龍樹の空の読み替えと捉え、研究をおこなってきた。森の用語でいえば、空は現実である。現実は流動し、言語はそれを固定化させる。ここに本来の存在と認識に矛盾が生じる。ひとは存在として流動するものなのに、認識するにはそれを固定化するほかはない。森の境界論は、言語によって固定化された現実を、言語によって流動化させる方法である。森は、この方法によって、ほんとうの自己に到達しようと試みたのである。
Full-Text

http://ir.library.osaka-u.ac.jp/dspace/bitstream/11094/54582/1/ahs37_143.pdf

Number of accesses :  

Other information