Departmental Bulletin Paper <研究ノート>就職活動を行う大学生が持つ、同時に活動する他者に対する認識 : 「同時期」に「一斉」に活動することは彼らにどのような影響をもたらすのだろうか?
How do university students recognize competitors during the job-hunting process? : The influence of the rigid schedule on the process for new graduates

妹尾, 麻美  ,  Senoo, Asami  ,  セノオ, アサミ

37pp.17 - 33 , 2016-03-31 , 大阪大学大学院人間科学研究科 社会学・人間学・人類学研究室 , SOCIOLOGY, ANTHROPOLOGY, AND PHILOSOPHY Graduate School of Human Sciences OSAKA UNIVERSITY , オオサカ ダイガク ダイガクイン ニンゲン カガク ケンキュウカ シャカイガク ニンゲンガク ジンルイガク ケンキュウシツ
ISSN:02865149
NCID:AN0020011X
Description
The purpose of this paper is to examine how university students recognize competitors during the job hunting process, and to discuss the infl uence of rigid schedules on the process. Since the latter half of the 1990s, the jobhunting process for new graduates was extended and accelerated. In addition, this extended and accelerated jobhunting process created stress for university students. Though previous research argues that the graduate labor market has an infl uence on university students during the job hunting process, they did not analyze the keen competition with others. Thus, this study analyzes their competition with others using the data collected through conducting semistructured interviews with eight university students regarding their job hunting, two to three times for each person. As a result, university students recognize their own progress in job-hunting when they compare it with others. The rigid schedule for job hunting encourages them to seek a job. Furthermore, by comparing themselves with others, they recognize that “Trying hard to fi nd many jobs leads to getting a job dwing the job-hunting process.” This result shows a fi nding: university students evaluate each other based on the comparison result by rigid schedule within this job hunting system.
新規大卒就職活動において「同時期」に「一斉」に活動を行うことは、個々の学生の活動にどのような影響をもたらすのだろうか。この点を明らかにするため、本稿では、就職活動を行う大学生がどのように他の就職活動学生を認識しているのか、就職活動過程で経時的に行った聞き取り調査のデータから検討する。1990年代後半以降、就職活動は早期化・長期化した。また、早期化・長期化する就職活動が大学生のQOLを著しく阻害するとも指摘されている。しかし、先行研究はもっぱら活動量と結果の関連および採用スケジュールに焦点をあててきたため、学生間の競争には注意を払ってこなかった。そこで、就職活動過程で経時的に聞き取り調査を実施し、収集した大学生8名のデータを用いて、大学生が他の就職活動学生をどのように認識しているのかを分析する。その結果、大学生は、常に他者と比較し、自らの活動量や進捗状況を把握していることが明らかになった。このような他者との比較が、彼らを就職活動へと駆り立てている。さらに、大学生は「内定取得は活動量が要因となる」と認識し、他者や自身を評価していた。早期に内定が得られず就職活動を継続する場合、彼らは、結果への「納得」を評価基準とし、他者と比べていた。以上より、就職活動において、大学生は他の就職活動学生と常に比較し、互いに評価を下し/下されるものとなることを指摘した。
Full-Text

http://ir.library.osaka-u.ac.jp/repo/ouka/all/54579/ahs37_017.pdf

Number of accesses :  

Other information