Departmental Bulletin Paper 組織における「対話」をめぐる課題と可能性 : 大阪大学コミュニケーションデザイン・センターとアサヒグループホールディングス(株)の新しいタイプの産学連携共同研究を通じて
Problems and possibilities of the organization concerning ‶dialogue"
ソシキ ニ オケル タイワ ヲ メグル カダイ ト カノウセイ オオサカ ダイガク コミュニケーション デザイン センター ト アサヒグループホールディングス カブ ノ アタラシイ タイプ ノ サンガク レンケイ キョウドウ ケンキュウ ヲ ツウジテ

河村, めぐみ  ,  諸岡, 七美  ,  内田, みや子  ,  木ノ下, 智恵子  ,  Uchida, Miyako  ,  Kinoshita, Chieko  ,  Kawamura, Megumi  ,  Morooka, Nanami  ,  モロオカ, ナナミ  ,  ウチダ, ミヤコ  ,  カワムラ, メグミ  ,  キノシタ, チエコ

13pp.1 - 22 , 2015-09-30 , コミュニケーションデザイン・センター
ISSN:18818234
NCID:AA12216567
Description
大阪大学コミュニケーションデザイン・センターとアサヒグループホールディングス株式会社では、2011-2014年の4年間、特許獲得を目指した独創的な技術開発、企業戦略やマーケティングの推進といった従来の在り方とは異なる、次世代型の産学連携について考えるとともに、対話によるコミュニケーションデザインの探求(実践・検証)を目的とした共同研究を行なってきた。本共同研究では、目指すべき対話のあり姿や対話プログラムを成立させるための要素を洗い出した上で、それらを検証する為のさまざまな実践を行なった。その結果、組織における「対話」をめぐる諸課題が明らかになったとともに、組織マネジメントにおいて「対話」が必要と考えられるプロセス(機能セグメント)と、‶課題発見"や‶相互理解"といった対話の可能性(意義・効果)も同時に判明した。本稿では、これらの実践研究の概要とともに「組織における「対話」をめぐる課題と可能性」の考察を行なう。/Osaka University communication design center and Asahi Group Holdings, Ltd has researched industry-academia cooperation of the next generation type which had a search with the communication design by the dialogue for its object jointly in 2011-2014. The element to make a dialogue program be formed was dug up and the various practice to inspect those was performed by joint research. As a result, a possibility of the dialogue such as the process (function segment), ‶problem discovery" and ‶mutual understanding" which can think several problems became clear as well as ‶dialogue" was necessary in organization management concerning ‶dialogue" in the organization (the significance and the effect) was also revealed at the same time. The outline of action-training-research and consideration about a problem concerning ‶dialogue" and a possibility in organization are performed by this report.
Full-Text

http://ir.library.osaka-u.ac.jp/repo/ouka/all/53843/cdob_13_001.pdf

Number of accesses :  

Other information