Departmental Bulletin Paper Compassionate Pragmatism on the Harm Reduction Continuum : Expanding the Options for Drug and Alcohol Addiction Treatment in Japan
共感的プラグマティズムとハーム・リダクション連続体 : 日本における薬物・アルコール依存症ケアの選択肢を増やすために

Sookja, Suh  ,  Mitsuho, Ikeda

13pp.63 - 72 , 2015-09-30 , コミュニケーションデザイン・センター
Harm reduction is considered to be a powerful approach to enhance the intervention options for addiction problems and has been introduced to the majority of the countries that report drug use problem. The term ‶harm reduction" itself was first brought to Japan in the early 1990s. Yet the discussion on integrating the harm reduction approach to the Japanese situation didn't start until recently. The authors discuss (i) the four salient features in regard with the acceptance of and the resistance to the idea of harm reduction, and (ii) the importance of the peer-led initiatives in Japan, then, (iii) indicate the possibility of practice based on ‶compassionate pragmatism."/本稿では、日本における依存症からの回復支援に、ハーム・リダクションの考えがどのように寄与するか、その可能性を検討する。ハーム・リダクションを導入することの根拠は、飲酒・薬物乱用等による健康被害が進んだり、生活再建が著しく困難になったりする前に、個人をケア資源にむすびつけ、依存の深刻化を防ぐことができるということである。他方、日本のアルコール・薬物依存症への介入理念(ポリシー)は、長い間、禁酒・断薬、司法における厳罰主義が標準とされてきた。それゆえ、日本では、ハーム・リダクションについての誤解と抵抗が専門家の間でも見受けられることがある。本稿では、日本における依存症者と依存症介入における4つの特徴を指摘する。そして「共感的プラグマティズム」と「ハーム・リダクション連続体」の考え方を紹介して、日本の当事者運動から生まれたサポート・プログラムを位置づける。

Number of accesses :  

Other information