紀要論文 日本語教育に活用可能な言語景観の分類に関する考察
Classifications and applications of linguistic landscape to Japanese language education
ニホンゴ キョウイク ニ カツヨウ カノウ ナ ゲンゴ ケイカン ノ ブンルイ ニ カンスル コウサツ

磯野, 英治  ,  イソノ, ヒデハル  ,  Isono, Hideharu

19pp.35 - 41 , 2015-03-31 , 大阪大学国際教育交流センター , オオサカ ダイガク コクサイ キョウイク コウリュウ センター
ISSN:13428128
NII書誌ID(NCID):AA11266479
内容記述
本研究では、言語景観研究と日本語教育の接点を求めた先行研究を概観し、これまでの流れを整理した。その上で、先行研究で個別に論じられてきた観点や分類に関する事例研究を、日本国内と海外における日本語研究の場合に分けて、それぞれでどのような言語景観が活用可能なのかを検討し分類した。日本語教育に活用できる特徴的な言語景観は、授業担当者それぞれがレベルや内容に応じて言語景観を選択し、かつカリキュラムにいかに盛り込むかがポイントとなる。
本文を読む

http://ir.library.osaka-u.ac.jp/dspace/bitstream/11094/51620/1/MESE_19_035.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報