紀要論文 探究性のある学習
A Study on Inquiry-based Learning in japanese Language Education
タンキュウセイ ノ アル ガクシュウ

岡崎, 洋三  ,  Okazaki, Yozo  ,  オカザキ, ヨウゾウ

19pp.65 - 74 , 2015-03-31 , 大阪大学国際教育交流センター , オオサカ ダイガク コクサイ キョウイク コウリュウ センター
ISSN:13428128
NII書誌ID(NCID):AA11266479
内容記述
インタビュー活動とプロジェクトワークについて、梅棹忠雄の科学観を基盤とする探究性という概念によって学習の質的変容の可能性について考察した。探究性の支柱となるものとしての学習における主体性・自律性・内発性・創作性について、細川英雄の総合活動型学習と西口光一のSMTアプローチを検討したところ、SMTアプローチによって構築されるものを礎とした上での学習者の内言世界についての研究の発展と、日本語教育者自身による探究性のある学習が課題とされる。
本文を読む

http://ir.library.osaka-u.ac.jp/repo/ouka/all/51619/MESE_19_065.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報