Technical Report 集中か多角化か?半導体企業の製品群選択と収益性 : 世界半導体企業 主要59社のパネルデータ(2001-2013)分析より

中屋, 雅夫  ,  中村, 文亮  ,  中川, 功一  ,  ナカヤ, マサオ  ,  ナカムラ, フミアキ  ,  ナカガワ, コウイチ  ,  Nakaya, Masao  ,  Nakamura, Fumiaki  ,  Nakagawa, Koichi

15-04-pp.1 - 65 , 2015-06 , Graduate School of Economics and Osaka School of International Public Policy (OSIPP) Osaka University
Description
* Revised: [15-04, 2015]
本研究は、半導体産業59 社の財務データを用いて、半導体産業の収益・費用構造の概観を調べるとともに、そこから半導体業界で求められる戦略がいかなるものであるかを分析するものである。先端技術の粋でありながら、あらゆる電気製品で幅広く用いられる半導体はまさしく現代の産業・経済のひとつの中核を成すものであるが、その重要度とはうらはらに、経営学・経済学の視座から産業・企業を対象とした調査分析は相対的に多くはない。そしてまた実務の側では、参入企業の多くが必ずしもうまく利益を上げられていない実情がある。こうした状況を踏まえ、本研究は半導体産業を取り扱う経済・経営学領域での基礎となりうる研究をめざし、業界の概観構造と求められる戦略とを、財務データという客観的情報に基づいて構築する。分析からは、半導体産業では複数領域の製品群を保有するよりも特定領域の製品群にフォーカスしたほうが、利益額・率が改善すること、その背景として製品領域特性の違いにより全く異質な戦略が要求されることが示唆された。
By using the panel data of 59 semiconductor companies in 2001-2013 this study investigates the characteristics of financial condition of each product segment and explores the effective product line policy in semiconductor industry. Semiconductor is well-known as one of the fundamental products in contemporary information society. However, companies in the semiconductor industry often experiences financial difficulties, and we do not have a solution for it. From the analysis of semiconductor companies’ financial structure, we find that 1) entrants have to prepare the different strategy in accordance with each segment’s situation, and 2) focused product line policy brings more profit than diversified product line policy.

Number of accesses :  

Other information