Departmental Bulletin Paper 職業としての「シェルパ」をめぐる語りと実践 : ネパール・ソルクンブ郡P 村を事例に
Discourses and Practices of the "Sherpa" : The Case of “P”-Village, Solukhumbu, Nepal
ショクギョウ ト シテ ノ シェルパ ヲ メグル カタリ ト ジッセン ネパール ソルクンブ グン P ムラ ヲ ジレイ ニ

古川, 不可知  ,  フルカワ, フカチ  ,  Furukawa, Fukachi

36pp.119 - 137 , 2015-03-31 , 大阪大学大学院人間科学研究科 社会学・人間学・人類学研究室 , オオサカ ダイガク ダイガクイン ニンゲン カガク ケンキュウカ シャカイガク ニンゲンガク ジンルイガク ケンキュウシツ , SOCIOLOGY, ANTHROPOLOGY, AND PHILOSOPHY Graduate School of Human Sciences OSAKA UNIVERSITY
ISSN:02865149
NCID:AN0020011X
Description
ネパール東部のソルクンブ郡はシェルパ族の居住地である。エベレストの麓にあたるこの地域はトレッキング/登山観光の一大メッカであり、観光シーズンには多くのネパール人ガイドたちが観光客を案内して山道を行き交う。様々な民族的出自を持つガイドやポーターたちは、しばしば観光客たちから「シェルパ」として言及され、ときにはまた自らも「シェルパ」を名乗って観光産業に参与している。本稿の目的は、民族範疇とはズレを持ちつつ重なり合った「シェルパ」という職業カテゴリが、現地においてどのように語られ、実践され、また再生産されているかを、ソルクンブ郡のある村でネパール人を対象に開校される登山学校を事例として分析することである。ここでは、シェルパ族を中心にネパール各地から集まってきた生徒たちが、米国人講師の指導のもとでアイス・クライミング(氷壁登攀)の技術を中心とした登山スキルを習得する。学校では、外国人やシェルパ族、「シェルパ」として働くシェルパ族ではない人々などによって多様な「シェルパ」の理念や枠組みが提示され、生徒たちは「山で道案内するシェルパ」となるために訓練を通して自らの生活環境を対象化してゆく。生徒たちは、「シェルパ」の概念や登山用具などのモノ、環境中に道を作りだす実践などを通して職業としての「シェルパ」へと成型されてゆくのである。
Solukhumbu District, located in Eastern Nepal, is the homeland of the Sherpa people. This area has Mt. Everest within its territory and has been developed into one of the most famous trekking/climbing places in the world. During the tourist season, more than 30,000 tourists come to the Solukhumbu District and Nepalese guides from various castes and ethnic groups escort them. Sometimes these Nepalese call themselves “Sherpa”. The purpose of this study is to analyze the occupational category “Sherpa”, and in particular, to show how this category is talked about, practiced and reproduced, on the basis of observational data from a climbing school in “P”- Village, Solukhumbu. At this climbing school, students from all over Nepal are taught the techniques of ice-climbing and other climbing/guiding skills, under the guidance of American instructors. Students from the Sherpa ethnic group, people who work as “Sherpa”, and foreign instructors manifest their own differing views and ideas of “Sherpa”, and these views are negotiated in the process of training. So, to become “Sherpa”, students need to objectify their mountainous life world and create ways sharable with their future customers. They will become molded into the occupational category “Sherpa” through notions of “Sherpa”, things like climbing gear and the practice of making roads.
Full-Text

http://ir.library.osaka-u.ac.jp/dspace/bitstream/11094/51235/1/ahs36_119.pdf

Number of accesses :  

Other information