Departmental Bulletin Paper マゾヒズムとサディズムの暴力性 : バタイユにおけるその解決
The Violences of Masochism and Sadism : The Extrication by Bataille
マゾヒズム ト サディズム ノ ボウリョク セイ バタイユ ニ オケル ソノ カイケツ

宮澤, 由歌  ,  ミヤザワ, ユカ  ,  Miyazawa, Yuka

36pp.89 - 102 , 2015-03-31 , 大阪大学大学院人間科学研究科 社会学・人間学・人類学研究室 , オオサカ ダイガク ダイガクイン ニンゲン カガク ケンキュウカ シャカイガク ニンゲンガク ジンルイガク ケンキュウシツ , SOCIOLOGY, ANTHROPOLOGY, AND PHILOSOPHY Graduate School of Human Sciences OSAKA UNIVERSITY
ISSN:02865149
NCID:AN0020011X
Description
サディズムとマゾヒズムは、一対の単位として考えられてきた。それに対し、サディズムとマゾヒズムのそれぞれの独立性と著者たちの思想を検討する研究も見られる。本論文では、マゾヒズムについてレオ・ベルサーニやジル・ドゥルーズの思想を参照したあと、マゾヒズムから独立するサディズムの一考察としてジョルジュ・バタイユのサド論を検討する。彼のサディズム解釈では、他者との関係の断絶と、主体と対象破壊の欲望の存在が明示されている。従来考えられてきたサディズムをより深く考察し、人間の生と暴力とエロティシズムを結びつけた点において、バタイユのサディズム解釈は特殊なものであるといえる。
We have thought about sadism and masochism as a single unit. At the same time, we can fi nd studies that argue they are independent concepts. In this article, we study Georges Bataille’s reading of sadism. We have to refer to the thought of masochism by Leo Bersani and Gilles Deleuze. Bataille’s reading explains the severance of the unit of sadism-masochism and the desire of subject and object. Bataille’s explanations are special insofar as they relate to violence and eroticism in human beings.
Full-Text

http://ir.library.osaka-u.ac.jp/dspace/bitstream/11094/51233/1/ahs36_89.pdf

Number of accesses :  

Other information