紀要論文 階層帰属意識の規定要因としての社会移動 : 主観的社会移動が捉える2 つの経路
Social Mobility as Determinants of Subjective Status Identification : Subjective Social Mobility Captures Two Paths
カイソウ キゾク イシキ ノ キテイ ヨウイン ト シテノ シャカイ イドウ シュカンテキ シャカイ イドウ ガ トラエル 2ツ ノ ケイロ

狭間, 諒多朗  ,  谷岡, 謙  ,  ハザマ, リョウタロウ  ,  タニオカ, ケン  ,  Hazama, Ryotaro  ,  Tanioka, Ken

36pp.1 - 17 , 2015-03-31 , 大阪大学大学院人間科学研究科 社会学・人間学・人類学研究室 , オオサカ ダイガク ダイガクイン ニンゲン カガク ケンキュウカ シャカイガク ニンゲンガク ジンルイガク ケンキュウシツ , SOCIOLOGY, ANTHROPOLOGY, AND PHILOSOPHY Graduate School of Human Sciences OSAKA UNIVERSITY
ISSN:02865149
NII書誌ID(NCID):AN0020011X
内容記述
本稿では主観的社会移動が階層帰属意識に与える影響を明らかにした。先行研究では階層帰属意識の規定要因として親と本人の階層の組み合わせ、すなわち社会移動が重要であることが明らかになっている。その研究によれば、親も自らも高階層である人々の階層帰属意識が高くなるという傾向が示されている。一方、社会移動が個人に与える影響を扱った先行研究では、自身の社会移動をどのように認知しているかという社会移動の主観的な側面が、社会移動の効果を媒介しているとの指摘もある。そこで、本稿では全国ウェブ調査データを使用して、客観的社会移動、主観的社会移動、階層帰属意識の関連を分析した。分析の結果、上昇移動者は高階層継承者と比べて階層帰属意識が低くなるという直接効果が確認された。その一方で、上昇移動者は高階層継承者と比べて主観的に上昇したと感じる傾向があり、そのように考えることが階層帰属意識を高めるという間接効果も確認された。社会移動と階層帰属意識の関連は単純なものではなく、社会移動が客観/主観の両方から別々に階層帰属意識を規定していることを明らかにした点に本稿の意義がある。しかし、下降移動者についての分析は十分ではなく、今後のさらなる分析が望まれる。
In this paper, we reveal subjective social mobility effects on subjective status identifi cation. In previous studies, social mobility, which was composed of the combination of parents and children in stratifi cation, is important for the determinants of subjective status identifi cation. Those studies stated high status people whose parents also have high status tend to have high subjective status identifi cation. In another study about the impact of social mobility on the individual, subjective social mobility, i.e., people’s perception of their own social mobility, mediates the impact of objective social mobility. Then, we analyzed the relationships among objective social mobility, subjective social mobility and subjective status identifi cation using Japanese web survey data. As a result of the analysis, there are the direct effects where objective upwardly mobile persons have lower subjective status identifi cation than those who maintain high status. On the other hand, there are the indirect effects where objective upwardly mobile persons tend to think that they have moved up from their fathers and have higher subjective status identifi cation than people who think they have not moved up. The relationship between social mobility and subjective status identifi cation is complex. The importance of this paper is its revelation that objective and subjective social mobility affects subjective status identification separately. However, an analysis about downward mobile persons is not enough, so further analysis is required.
本文を読む

http://ir.library.osaka-u.ac.jp/dspace/bitstream/11094/51232/1/ahs36_1.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報