紀要論文 <判例研究>事業の譲受会社が譲渡会社の商号の略称および標章を続用していたことを理由に会社法二二条一項の類推適用を認めた事例(東京地判平成二七年一〇月二日, 金判一四八〇号四四頁)
<Case>Article 22 (1) of the Corporate Law is Applied by Analogy when Both the Abbreviated Designation of the Business Name and the Trademark are Used Successively.
<判例研究>事業の譲受会社が譲渡会社の商号の略称および標章を続用していたことを理由に会社法22条1項の類推適用を認めた事例(東京地判平成27年10月2日, 金判1480号44頁)

牛丸, 弘行  ,  Hiroyuki, Ushimaru

67 ( 3 )  , pp.1(844) - 14(831) , 2016-11-30
ISSN:02880709
NII書誌ID(NCID):AN00226703
本文を読む

https://kwansei.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=25116&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報