会議発表論文 神聖ローマ帝国におけるハプスブルク家“出現”の背景をめぐる人文地理学的研究 : アンデクス・メラン家の継承者としての視点から

川西, 孝男  ,  Takao, Kawanishi

内容記述
2015年人文地理学会大会.研究発表日11月15日.開催地:大阪大学
本文を読む

https://kwansei.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=22059&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報