紀要論文 学生実習による演習林獣害調査および間伐の試み
Surveys and thinning of animal-damaged trees in a Shinshu University research forest as practical training for students

荒瀬, 輝夫  ,  白澤, 紘明  ,  小林, 元  ,  木下, 渉  ,  野溝, 幸雄  ,  酒井, 敏信

15pp.61 - 65 , 2017-03-27 , 信州大学農学部附属アルプス圏フィールド科学教育研究センター
NII書誌ID(NCID):AA11845727
内容記述
信州大学農学部附属AFC 手良沢山演習林では,シカ,カモシカによる立木への被害が問題となっているが,木材生産,教育研究,社会貢献など事業の多角化により,獣害対策を万全に行えない現状にある。そこで,学生実習による獣害対策の試みとして,被害の深刻なコウヤマキ植林地において2016年に立木調査から間伐までを実施した。立木調査の結果,全175本のうち125本(71%)が被害を受け,長さ2m 以上も樹皮剥ぎされた立木もあることが判明した。被害の程度と立木分布状況などから,54本(31%)を間伐候補木として選木し,保残候補木に樹皮剥ぎ防止テープを巻きつけた。これらの調査・作業を,18名,約5時間で完了することができた。その後,学生実習による間伐も実施し,24名,約3時間で作業を完了した。
本文を読む

https://soar-ir.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=18785&item_no=1&attribute_id=65&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報