紀要論文 針葉樹4種,広葉樹5種における立木の含水率の季節変動
Seasonal changes in water content in living stems of four conifer species and five hardwood species

前田, あやの  ,  安江, 恒

15pp.21 - 26 , 2017-03-27 , 信州大学農学部附属アルプス圏フィールド科学教育研究センター
NII書誌ID(NCID):AA11845727
内容記述
木材の熱利用のために必要な基礎的知見を得るため,信州大学農学部構内演習林に生育する針葉樹4樹種[スギ(Cryptomeria japonica), ヒノキ(Chamaecyparis obtusa), カラマツ(Larix kaempferi), アカマツ(Pinus densiflora)],広葉樹5樹種[コナラ(Quercus serrata),クヌギ(Quercus acutissima),クリ(Castanea crenata),ハリエンジュ(Robinia pseudoacacia),カスミザクラ(Prunus verecunda)]の計9樹種を対象とし,立木の含水率の季節変動を観測した。1樹種につき3個体を供試木とし,月に1回の頻度で成長錐を用いてコア試料を採取した。辺材と心材に分け含水率を測定した。スギ以外の8樹種の心材含水率の季節変動は認められなかった。スギの心材含水率の変動は大きかったが,心材内の含水率分布の不均一に起因すると推察された。スギ,ヒノキ,カラマツの辺材含水率には10月または11月から12月にかけて含水率の増加が認められた。広葉樹の辺材含水率には,大きな変動は認めらなかった。
本文を読む

https://soar-ir.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=18780&item_no=1&attribute_id=65&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報