Departmental Bulletin Paper 誰が「集団的自衛権」を容認したのか : 2014年松本市調査より
Who Supported the“Right of Collective Defense”? : An Analysis of 2014 Matsumoto Surve

辻, 竜平

3pp.29 - 44 , 2016-03-15 , 信州大学人文学部
NCID:AA12678245
Description
「集団的自衛権」を容認したのは,どのような人だろうか.これについて,ナショナリズムと寛容・信頼の側面から検討した.そのために,2014年12月のいわゆる「アベノミクス解散」以前の2014年9月に松本市で収集された調査票調査のデータに対して,潜在変数を用いたパスモデルで共分散構造分析を行った.その結果,全体効果として,自民党支持者,愛国主義者,排外主義者,男性が「集団的自衛権」を容認し,共産党支持者が容認しないことがわかった.異なる価値観を持つ人を許容しない人も「集団的自衛権」を容認するという直接効果が認められたが,全体効果はなかった.
Full-Text

https://soar-ir.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=18133&item_no=1&attribute_id=65&file_no=1

Number of accesses :  

Other information