Departmental Bulletin Paper 信州大学農学部構内に自生するサクラ属3種の繁殖開始サイズ
Critical size of reproduction of three Prunus species growing in Japanese red pine forests in campus of Facuty of Agriculture, Shinshu University

城田, 徹央  ,  宮内, 郁美  ,  齋藤, 大  ,  丸山, 一樹  ,  岡野, 哲郎

13pp.69 - 74 , 2015-03-31 , 信州大学農学部附属アルプス圏フィールド科学教育研究センター
NCID:AA11845727
Description
ウワミズザクラ,カスミザクラ,エドヒガンの生活史特性の一つである繁殖開始サイズを明らかにした。繁殖開始サイズはカスミザクラが最も小さく,エドヒガンで最も大きかった。またウワミズザクラは被陰の有無が繁殖開始サイズに影響を与えた。これらの結果に基づいてアカマツ林における母樹の個体数密度と胸高断面積合計を求めた結果,カスミザクラが優位性を示した。
Full-Text

https://soar-ir.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=10934&item_no=1&attribute_id=65&file_no=1

Number of accesses :  

Other information