紀要論文 極早生ライムギ育種素材の特性評価
Evaluation of breeding materials of extremely early rye (Secale cereal L.) which bred in middle cool-climate highland

小森, 彩加  ,  山下, 美都香  ,  北原, 茉依  ,  池本, 賢  ,  小坂, 雄一  ,  栗木, 彰宏  ,  武川, 美咲  ,  丸山, 爽歩  ,  柳澤, 佳奈  ,  山下, 睦美  ,  畠中, 洸  ,  関沼, 幹夫  ,  岡部, 繭子  ,  春日, 重光

13pp.49 - 52 , 2015-03-31 , 信州大学農学部附属アルプス圏フィールド科学教育研究センター
NII書誌ID(NCID):AA11845727
内容記述
当研究室では,2005年から準高冷地において4月中に出穂し,収穫可能な極早生ライムギの育成を行ってきた。本試験では極早生で多収なライムギを育成するために行った2組みの正逆交雑による選抜後代について特性評価を行った。供試材料は,「SUR-1×春香」および「春香×SUR-1」の2組みの正逆交雑後代より選抜した個体を隔離交配して得た2系統群に属する22系統である。その結果,「春香×SUR-1」の系統群にくらべ「SUR-1×春香」の系統群では草丈が低く,稈径は細く,茎数が多い傾向が認められた。
本文を読む

https://soar-ir.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=10931&item_no=1&attribute_id=65&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報