Departmental Bulletin Paper 2014年9月27日御嶽山噴火にともなう降灰量(木曽町・南箕輪村での調査)
Amount of ashfall from Ontake eruption on September 27, 2014 survey at Kiso town and Minami-minowa village

福山, 泰治郎  ,  平松, 晋也

13pp.23 - 28 , 2015-03-31 , 信州大学農学部附属アルプス圏フィールド科学教育研究センター
NCID:AA11845727
Description
平成26年9月27日11時52分,長野・岐阜県境にある御嶽山で水蒸気爆発が発生した。噴煙高度は最大7,000mに達し,火山灰は山梨県まで到達したことが報告されている。そこで,降灰量の見積もりや降灰の影響評価に資するため,降灰分布の主軸と推定される火口の東北東方向(開田高原)と東方向(信州大学農学部構内)において,噴火直後の降灰量と降灰状況の調査を行った。御嶽山から東北東14.9㎞に位置する地蔵峠と北東14.8㎞の開田小学校付近では,噴火翌日の9月28日,単位面積当たりの降灰量はそれぞれ4.9g/㎡・17.3g/㎡と見積もられた。東41㎞に位置する信州大学農学部構内では,9月27日から10月8日までの11日間の総降灰量は1.5g/㎡と見積もられた。同地点での降灰経過は,噴火直後の9月28日が0.8g/㎡と最も大き く,翌29日の降灰量は0.07g/㎡に減少し,11日後の10月8日には0.013g/㎡にまで減少した。気象条件と降灰量の関係を見ると,御嶽山付近(開田高原)で西よりの風が卓越すると,農学部構内で翌日に観測される降灰量が増大する傾向が見られた。
Full-Text

https://soar-ir.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=10927&item_no=1&attribute_id=65&file_no=1

Number of accesses :  

Other information