紀要論文 学部留学生に対する就職準備教育としてのビジネス日本語教育
Business Japanese Education for Undergraduate International Students as Employment Preparation Education

三宅, 真由美

66pp.11 - 18 , 2015-03-31 , 信州大学経済学部
NII書誌ID(NCID):AN00121181
内容記述
近年のビジネスのグローバル化に伴い,日本の大学を卒業した留学生が日本において就職するケースが増加しつつある。法務省入国管理局(2014)によれば,2013年に日本企業への就職のため就労ビザを申請した留学生は12,793人であり,うち11,647人が許可された。高等教育レベルの日本語教育においては,留学生が大学卒業後,日本ないし母国において日本企業に就職することを明確に意識した就職準備教育の必要性が高まっていると言える。これを踏まえ,筆者が担当する経済学部留学生対象科目「日本の社会と日本語??」(2年生以上,後期2単位)において,2013年度以降はビジネス日本語授業を行っている。同科目では場面シラバスに基づくロールプレイを通じ,ビジネスマナー,日本の企業文化,敬語表現の習得をめざしている。本稿は同科目の実践報告とともに,学部留学生に対する就職準備教育としてのビジネス日本語教育について論じた。
本文を読む

https://soar-ir.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=2633&item_no=1&attribute_id=65&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報