紀要論文 日本のエイジズム研究における研究課題の検討 : エイジズムの構造に着目して
ニホン ノ エイジズム ケンキュウ ニオケル ケンキュウ カダイ ノ ケントウ : エイジズム ノ コウゾウ ニ チャクモク シテ
Review of Japanese ageism research : focusing on the structure of ageism concept

朴, 蕙彬  ,  パク, ヘビン  ,  Park, Hyebin

(124)  , pp.139 - 156 , 2018-03-15 , 同志社大学社会学会 , Transcription:ドウシシャ ダイガク シャカイ ガッカイ , Alternative:The Association of Social Studies, Doshisha University
ISSN:02862840
NII書誌ID(NCID):AN00211207
内容記述
論文(Article)
本稿の目的は,エイジズムに関する文献のレビューを行うことである。まず,先行研究の全体的な傾向を把握する。次に,エイジズムの構成要素を分析の枠組みにして日本のエイジズム研究の成果と課題を明らかにする。分析の結果,従来の研究の成果として多様な個人がもつエイジズム意識に関する基礎的データの蓄積が浮かび上がった。しかし,エイジズムに関する理論的考察が不十分であり,おそらくそれゆえに研究の焦点が心理的側面にもっぱら向けられる傾向があり,社会や文化などとの関連性には向けられていない傾向を発見した。これらの結果から,今後,エイジズムの理論的考察を深めるとともに,社会文化的要素を含めた包括的な研究枠組みを構築することが求められていると考える。
The purpose of this paper is to review the research on ageism study in Japan. First, we examine the total tendency of the advanced researches on ageism. Second, we identify the outcomes and remaining issues by reviewing with the analytical framework made by components of ageism. As the result of our analysis, we found that data about various individuals' views toward aging have been accumulated. Theoretical consideration about ageism, however, is insufficient. Perhaps as a result of it, Japanese researches on ageism tend to limit their research focuses only to psychological aspects, but not societal and cultural aspects. It is suggested that research on ageism should have more comprehensive research framework with cultural and societal aspects as well as individual psychological aspects.
本文を読む

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/26020/031001240004.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報