紀要論文 農協(JA)組織のガバナンス改革の検討
ノウキョウ JA ソシキ ノ ガバナンス カイカク ノ ケントウ
農協JA組織のガバナンス改革の検討
Agricultural cooperative (JA) organization reform consideration

福田, 順  ,  フクダ, ジュン  ,  Fukuda, Jun

(124)  , pp.125 - 138 , 2018-03-15 , 同志社大学社会学会 , Transcription:ドウシシャ ダイガク シャカイ ガッカイ , Alternative:The Association of Social Studies, Doshisha University
ISSN:02862840
NII書誌ID(NCID):AN00211207
内容記述
論文(Article)
この論文ではEUの農協のガバナンス研究を参考にすることで、日本におけるJAの会社化、協同会社(子会社)の存在や農業に従事しない准組合員の増加、そして組合員の意思反映機能と業務執行機能の分離といった取り組みがJAの収益性に与える影響を都道府県の集計データを用いて計測した。その結果、2003年から2008年にかけては「伝統的協同組合」の性格を残していた都道府県のJAが収益性を伸ばしていたのに対し、2008年度から2013年度にかけては「会社化」がより進んだ都道府県のJAが収益性を伸ばしていたことが分かった。
In this paper, referring to studies of EU agricultural cooperatives, we analyze how demutualization, the increase of cooperative firms (subsidiary firm) and associate partners, and the separation of the function of union members and business executives have affected JA efficiency using prefecture aggregate data. As a result, it is found that JAs in relatively demutualized cooperative prefectures were more efficient from 2008 to 2013, while those in relatively traditional cooperative prefectures were more efficient from 2003 to 2008.
本文を読む

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/26019/031001240003.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報